バングラデシュ入国後、超高級640円カレーを食べる



バングラデシュ空港で空港泊し、朝6時頃起きました。
近くに一晩中会話していた人がいたので、ほとんど寝れませんでした。

なので、保存しておいたバングラデシュに行った人のブログを読みました。

そこには、人懐っこい人たちとの触れ合いが書かれており、バングラデシュへの期待が高まります。

そうして、太陽が昇り、朝になったので、空港の外に踏み出しました。

この記事では、バングラデシュのダッカの空港を出てから、日本人宿のあじさいに行き、カレーを食べるという話を書いていきます。

空港の外に出ると人がたくさん

IMG_3715無事にアライバルビザを取得し、空港泊をした次の日、空港の外に出ました。

バングラデシュのアライバルビザは空港で無料で取れる(ダッカのシャージャラル国際空港にて)

2015.07.28
空港を出て、まず目に入ったのは、人。人。人。

フェンス沿いに人がたくさんいます。この光景はバイオハザードを連想させました。

IMG_3720そして、タクシーやCNGなどの勧誘を断り続け、空港の敷地内をでました。
空港出て振り返ってみると、空港は思っていた以上に大きかったです。

新しい国に来て、街へと歩き出す。
この時間は毎回、ワクワクとドキドキしています。

IMG_3721広告の男が全然笑ってない。
IMG_3722レンガぼこぼこの塀。

バングラデシュ人特有のジロジロ

外国人旅行客である日本人がバングラデシュを歩いていると、道ゆくバングラデシュ人からジロジロ見られます。

それは、もう半端ないです。

「ハンパねえな」と叫びたい気持ちに駆られます。
全員が全員、見てきます。

通り過ぎるたびに見てきます。
通り過ぎても振り返り気味で最後まで見てきます。

遠くからも見られてます。
視線を感じます。

とにかく見られます。
この視線を楽しむ気持ちじゃないとやっていけません。

空港を出て、初めての会話

IMG_3723空港の敷地内を出て2分後、1人のバングラデシュ人から声かけられました。

バングラデシュ人「どっから来たの?」
僕「日本だよ」

バングラデシュ人「日本!」

そこから話しながら歩き、最後に「電話番号ある?」「これが僕の番号だから、ぜひ来てよ。インドに近い場所なんだけど、迎えが必要ならどこにでも行くよ」と携帯番号の書かれた紙を渡されました。

初めて会った人にこのフレンドリーさ。
フレンドリーすぎて若干警戒していましたが、とてもいい人でした。

その人と別れて、ホテルに向かって歩き出します。
歩いてる途中もずっ〜と見られ続けます。

これは誇張などなく、マジです。
たまに、「ハロー」と声をかけられますが、ほとんどの人はただジロジロ見てくるだけです。IMG_3725

IMG_3728途中、大雨が降り、雨宿り。雨の中でも、リキシャは人を運びます。

IMG_3734雨宿りをするために、犬も隣に来ました。
バングラデシュの犬は基本的にすごくおとなしいです。

30分くらい歩き、なんとか目的地のあじさい近くの住所の場所へ。
が、全然見つかりません。

僕が迷っていたのが分かったのか、じっーと僕を見ていた商売をしているおじいちゃんが、こっちに来ました。

英語は話せませんでしたが、住所を書いた紙を見せると案内してくれました。

そのおじいちゃんは、案内が終わるとすぐに立ち去り、また声をあげて商売を始めました。
少し警戒していましたが、ただただ優しいおじいちゃんでした。

あじさいは日本人宿なので、日本語を話せるスタッフが何人かいて、ゆっくりすることができました。

バングラデシュの宿泊情報まとめ

2015.08.12

めっちゃ高いカレー(ぼったくりカレー)を食べる

夜ご飯はどこかに食べに行こうと思い、宿の人に聞いてみると、一緒に行ってくれることになりました。

外国人である僕がいけば、絶対に高い価格を言われるからということでした。

写真 2015-07-21 19 03 04カレーの店に連れていかれ、チキンカレーを頼みました。
写真には写ってないですが、カレー味のチキンに対して何倍ものご飯がきました。

味はうまかったけど、辛かったです。

写真 2015-07-21 19 03 13連れていってくれたバングラデシュA君は、どこかに電話したり、ぼーっとしながら、食べ終わるのを待ってくれました。

彼は、若干20歳にもかかわらず、英語と日本語を話せます。

会計になり、伝票をもらうと、そこに書かれていたのは「800タカ」。
日本円だと、1280円(1タカ=1.6円計算)。

「えっ、高すぎ」と思いましたが、A君に半分の400タカ(640円)で大丈夫と言われました。

それでも、思ってた以上に高かったので「バングラデシュのレストランで食べると高くつくのだな」と思いました。

A君とレジの人が何やら言い合って、400タカだけで大丈夫になりました。
たぶん、「外国人だからといって、高すぎるだろう」とでも言ってくれたのでしょう。

帰りにスーパーによって、マンゴージュースを2本買いました。
1本40タカと安く、1本はA君にあげました。

バングラデシュのマンゴージュースは濃厚と書いていた通り、40タカ以上の価値はありました。

あれはぼったくりだった

この後、いろんな人のブログを見たり、バングラデシュ他のレストランで食事をしました。

そこで分かったことは、バングラデシュのレストランで食べれる料理のほとんどが100タカ~150タカということです。

この後、3つ星ホテルでもカレーとご飯を頼んでも、サービス料を入れて276タカだったので、400タカという値段は半端なく高い価格をだと分かりました。

バングラデシュ人が一緒についてきたということで、事前に価格を確認しなかったこと、適正価格を知らなかった事がすべての原因です。

この後からはちゃんと気をつけるようになりました。

バングラデシュで気をつけること

2015.09.03






「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!