MENU
期間限定で楽天マガジンが1,100円オフ!今なら月々238円で雑誌読み放題!

新しい国に入国する前にしておいた方がいい4つのこと

人生で初めて行く国に入国する時は、事前にいくつかの準備が必要です。

事前にしっかりと準備しておくことで、入国後の行動がスムーズになります。

逆に何も準備していないと、トラブルに巻き込まれる確率も上がります。
実際に、旅行客が事件に巻き込まれたりするのは、入国初日が多いです。

初日を気持ち良く過ごしてその国を楽しめるように、自身の経験から、国境を越える前にしておいた方がいいことを紹介します。

この記事の著者

この記事は2年半の世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。

2020年1月〜9月までタイ旅行を最後に、海外旅行が普通に行けるような日常になることを願いながら、現在は香川に住んでいます。

最近ハマっていることは「ドラゴンクエストウォーク」です。

⇒詳しいプロフィールはこちら

目次

入国前にすべきこと1:ビザが必要か調べておく

まず大事なのが、行く国にビザが必要かどうかを調べておくことです。

日本のパスポートは世界の中でも優れていますが、全ての国にビザなしで入国することはできません。

空路で入国する場合は、たとえビザが必要なくても、第三国への出国チケットが必要な国もあります。

それらの情報をしっかり調べていないと、入国時の国境や空港で問題が発生することがあるので、ネットを使って最新の情報を調べておきましょう。

あわせて読みたい
日本のパスポートが世界1位になりました【ビザなし渡航国数No.1】 2018年10月、日本のパスポートはビザなしで渡航できる国と地域の数が世界で1番多いことが発表され、晴れて世界最強のパスポートになりました。 この記事では 日本の順位...

入国前にすべきこと2:泊まる場所を決めておく

新しい国に入国する前に、入国日に泊まる場所を決めておきましょう
その国に到着したら、とりあえずその場所を目指せばいいだけだからです。

陸路で国境を越えるときは、長距離バスの場合が多いです。
何時間もバスに揺られ、想像以上に疲れています。

空路で長距離移動の場合は時差があることもあります。
そうやって体が疲れている状態で、宿を探すのはさらに疲れます。

目的地の行く前の街で宿泊予約サイトの「Booking.com」や「Agoda」などの宿泊予約サイトを通して事前に予約しておきましょう。

また、入国初日は到着地の空港やバスターミナルなどの到着地から近くに泊まることをオススメします。

事前に予約したくない人は、いくつかの宿に目星をつけておきましょう。
一つだけしか調べてないと、満室だった場合が大変です。

時間がないなら、とりあえず宿が集まっているエリアだけ調べておきましょう。
そこに行って、部屋を見せてもらったり、料金を見比べながらゆっくり宿を選べます。

あわせて読みたい
海外旅行におすすめな宿泊予約サイト5つまとめ【使い分けてお得に】 どこのサイトから予約するのがいいんだろう?予約サイトごとに違いはあるのかな? このように、インターネット上にはたくさんの宿泊予約サイトがあるので、どのサイトか...

入国前にすべきこと3:地図アプリで地図を読み込んでおく

初めて行く国に着いた時、自分がどこにいて、どこに向かうべきかを知っていることは重要です。

空港だと観光客用のインフォメーションカウンターがあったり、地図が置いてあったりしますが、陸路の場合はそんなものは無いことが普通です。

また空港でもWi-Fiが使えるとは限りませんし、バスターミナルはWi-Fiがないところが多いです。

そこで使えるのがスマホアプリです。

「Google Maps」と「Maps Me」がオススメ

Wi-Fiが使えない状況になった場合、「Google Map」や「MAPS ME」などのオフラインでも使える地図アプリは、ものすごく役に立ちます。

「Google Map」のアプリでは、「オフラインマップ」という項目を選択した後、「自分の地図」という項目を選択すればダウンロード画面に進みます。

そこで、自分が行く街を地図を見ながら選び、「ダウンロード」を選択すれば地図がダウンロードされます。

この地図のダウンロードはWi-Fiにつながっている時しかできないので、事前にしておきましょう。

あわせて読みたい
Googleマップのオフラインマップ機能の使い方【アプリに地図をダウンロード】 海外にいる時など、ネット環境がない場所でも、スマホやタブレットのGoogleマップアプリをオフラインでも使う方法を紹介します。 そもそも、Googleマップはオンラインだ...

また、「MAPS ME」でも新しく行く国や街のところを地図上でズームすることでダウンロードできるようになります。

あわせて読みたい
オフライン地図アプリ「MAPS.ME」の使い方【海外旅行におすすめ】 このような悩みをお持ちの方に、無料のオフライン地図アプリ「MAPS.ME」を紹介します。 日本ではあまり知られてないアプリなのですが、日本はもちろん、ネットがつなが...

このように、スマホやタブレットを持っている場合は、国を越える前にwi-fiが使える場所で、あらかじめ行く予定の場所の地図を読み込んでおきましょう

そうすれば、通りの名前や建物などの名前から、自分のいる場所がわかり、目的地の方向や距離がおおまかに掴めます。

入国前にすべきこと4:夜遅く着かないように、予定を立てておく

新しい国に入国する場合、できるだけ夜に到着することを避けましょう。

夜遅く着いてもいいことは、ありません。

夜に着くと、日中に到着するよりも単純に危ないからです。
夜だと暗いので、視界が日中に比べて悪いので、強盗に襲われる可能性が高くなります。

移動中は貴重品を全て持っている状態なので、強盗からすればいいターゲットです。
土地勘もないので、うろうろ歩き回って、治安が悪い地域に迷い込んだら、さらに危険です。

暗いと普通に歩くだけで怖いですし、店が閉まっていて人が少ないこともあります。

飛行機は遅延で遅れる場合もありますし、特にバスだと日本と同じように時間通りに絶対着くことは保証されていません。

なので、時間に余裕を持って予定を立てるようにしましょう。

あわせて読みたい
海外での夜間一人歩きは危険【理由と対策を教えます】 海外を旅する中で、安全に過ごすために気をつけることがいくつかあります。 その1つが「夜道を1人で歩くこと」です。 夜道は日中と比べて格段に危険性が上がります。 海...

おわりに:入国前にはできる準備をしておこう

違う国に行くときは、身体的にも精神的にも疲れるので、移動前にできることは事前にやっておきましょう。

旅行客を狙った詐欺にひっかかるのは、その国に慣れていない時が一番多いので気をつけてください。

あわせて読みたい
【海外旅行の防犯対策】貴重品盗難・紛失のために事前にしておくべきことまとめ 海外では気をつけていても、誰であっても盗難、強盗などの被害にあうことがあります。 特に日本人はターゲットにされやすいです。 そういった万が一のことに備えて前も...



国内線の格安航空券を検索

Skyscanner (スカイスキャナー) 格安航空券検索

Skyscanner (スカイスキャナー) 格安航空券検索

無料posted withアプリーチ

国内線の格安航空券を検索

ソラハピ 国内格安航空券をお得に予約

ソラハピ 国内格安航空券をお得に予約

無料posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる