バンコクのインスタ映えカフェ「ブルーホエールマハラート」【乃木坂46も来店】



バンコクにあるインスタ映えするカフェとして有名な「Blue Whale Maharaj(ブルーホエール・マハラート)」を紹介します。

「青い飲みもの」があるカフェとして有名です。

「バンコクでインスタ映えする写真が撮りたい」、「変わった飲み物を飲んでみたい」という人は参考にしてください。

ブルーホエール・マハラートの人気メニュー「青いラテ」

ブルーホエール・マハラートにはコーヒやカフェラテなどのたくさんのメニューがあります。
パンケーキなどの食事メニューも充実しています。

ただ、ブルーホエール・マハラートの代表的なメニューと言えば、青いラテです。
ホットラテとアイスラテがあります。

  • Hot Batterfly Pea Latte(90バーツ)
  • Iced Butterfly Pea Latte(120バーツ)

僕が行ったときは、ホットラテは売り切れと言われました。

そこで頼んだのが、アイスラテ。

ラテが青いのに加えて、バタフライピーの花とシナモンスティックも付いてくるので、よりオシャレに見えます。

インスタ映えさせるなら、店内の青いタイルをうまく活かしましょう。
黒いバーが映らなくないように注意してください。

青いラテの正体は「バタフライピー」

この青色の正体はバタフライピーというものです。

バタフライピーは、ハーブティーとして飲まれることが多いですが、その綺麗な青色から布の染料としても使われることもあります。

レモンなど酸性のものを垂らすと、青色から紫色やピンク色に変わるため「マジックハーブ」とも呼ばれます。

バタフライピーだけなら日本でも購入することができます。

ブルーホエール・マハラートは乃木坂46も訪れたカフェ

ブルーホエール・マハラートは、乃木坂46のメンバーも来ています。

タイの観光協会との企画で、乃木坂46の人たちがタイ各地に行って、タイの魅力を伝えるというものでした。

ブルーホエール・マハラートには乃木坂46の西野七瀬さんと、高山一実さんが訪れています。
店の目の前で写真を撮影していますね。

バンコクのたくさんあるカフェの中から選んだということは、タイの観光協会も推している場所だと言えます。

ブルーホエール・マハラートの店内

こちらが外観です。
建物が並んでいるところの1つが「ブルーホエール・マハラート」となります。

看板も出ているので、間違えることはないでしょう。
店は3階建てになっています。

注文は1階で、テーブルがあるのは2階と3階です。

2階にはテーブル席とテラス席。
3外は座敷スペースもありました。

ブルーホエールマハラートの施設情報

  • 営業時間:10:00〜20:00
  • 定休日:木曜日

ブルーホエール・マハラートの場所と行き方

ブルーホエール・マハラートはバンコクの中心地から離れた場所にあります。

カオサン通りや王宮の南側に位置しています。
観光名所であるワット・ポーから歩いてすぐの場所にあります。

行き方

バンコク市内中心部からだと、タクシーやバスを使って、カオサン通りまたは王宮方向に行きましょう。

タクシーを使う場合は、「ブルーホエールマハラート」で伝わればいいのですが、伝わらない場合は近くにある有名な「ワット・ポー」と伝えれば問題ありません。

王宮やワット・ポーから「ブルーホエールマハラート」は歩いていける距離にあるので、観光も合わせて行くといいですね。

地上を行く以外にも、川沿いを走るボートを使えば、簡単に行くこともできます。

ブルーホエール・マハラートの場所

まとめ

バンコクにあるブルーホエール・マハラートについて紹介しました。

世界的にもかなり珍しいバタフライピーを使った飲み物を楽しんでみてください。

関連記事バンコクのティップサマイで美味しいパッタイが食べよう【ミシュラン認定店】

関連記事バンコクの超有名店「ピンクのカオマンガイ」と「ミドリのカオマンガイ」

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!