インドのガンジス川で沐浴する意味と危険性【日本人は下痢になる】



ガンジス川と言えば沐浴!

沐浴してる写真を撮ってSNSにアップしよう!

ガンジス川はインド人の人が頭まで浸かって沐浴している風景が有名です。
バラナシに観光で行った日本人もよく同じように沐浴して、SNSにアップしています。

ただ、覚えておいておきたいのは、ガンジス川はとても汚い川ということ。

ガンジス川で沐浴したいと思っている人も多いと思うので、この記事では次の2点について詳しく書いていきます。

  • ガンジス川に沐浴する意味
  • ガンジス川に沐浴するする危険性

ガンジス川に沐浴する前に最低限のことは知っておきましょう。

インド人がガンジス川で沐浴する意味

なんでインド人はガンジス川で沐浴しているのでしょうか?
それは、ヒンドゥー教に大きく関係しています。

ヒンドゥー教の中では、ガンジス川は「聖なる川」として重要な意味のある場所です。
そのガンジス川で沐浴することで「すべての罪を浄(きよ)める」とされています。

インド人の約8割の10億人ものヒンドゥー教徒がいる国。
そのため、毎日たくさんの人がガンジス川で沐浴をしています。

インド人の男性は腰に布を巻き、女性はサリーを着たまま沐浴するのが普通です。

ガンジス川の水も「腐らない水」とされ、ペットボトルなどに入れお土産に持ち帰る人も多く、人にあげると喜ばれます。

日本人はガンジス川で沐浴したい人が多い

インド人と同じように、日本人もガンジス川で沐浴したい人は多いです。
「ガンジス川といえば沐浴」というイメージもあります。

沐浴したい日本人の多くは、宗教とか関係なく、思い出として入りたいのでしょう。
ガンジス川は日本から遠いので、記念に入っておきたい気持ちも分かります。

ガンジス川でバタフライ」という本が有名なので、ネタ的に実際にバタフライする人もいますね。

アナザースカイではピースの又吉さんがガンジス川を訪れて、頭まで沐浴をしていました。
又吉さんがガンジス川に興味を持ったのは趣味の読書でガンジス川が描かれる「深い河」という本を読んだからだと言ってました。

ガンジス川で沐浴する前に水質汚染の酷さを知ろう

ガンジス川はインド人にとってとても大切な川なのですが、水質汚染がひどいです。

ガンジス川は宗教的に重要であると同時に、生活の面でも非常に大きな役割があります。

インド人の約4割の生活用水となっています。
4億人ものインド人の飲み水にもなっていますし、農業水としても使われています。

ただ、かなり汚染されています。
ガンジス川の水源はヒマラヤ山脈のきれいな水なのですが、下流にいけばいくほど、人の糞尿、生活排水が入り込みます。

そして、工業地帯を流れると、工場排水が混ざった水になります。
ガンジス川の70%の部分は汚染されています。

このように汚染されたガンジス川の水の中にはさまざまな病原菌が存在しています。
ガンジス川は世界の中でも汚い川とされ、「世界で汚染された川トップ5」に入ったこともあるほどです。

ガンジス川が汚い原因をまとめると次のようになります。

  • インドの下水道が整備されていないことで汚染水が下水処理場を通らず直接流入
  • ゴミが直接捨てられていること
  • 遺灰や遺体が流れている宗教上の理由
  • 農薬まみれの献花(マリーゴールド)が大量に流れている
  • 5億人が屋外で排泄
  • 工場の廃棄物・排水が捨てられている(経済成長)

ガンジス川の大腸菌は基準値の10倍ほど検出されており、沐浴すると、お腹を壊すだけでなく、腸チフスやコレラなど様々な感染症にかかるリスクもあります。

インドの首相モディがガンジス川の汚染対策をしたので少しは改善されましたが、まだまだ水質汚染はひどい状態が続いています。

ガンジス川で沐浴する危険性【下痢になる危険性】

ガンジス川で沐浴するのは誰でもできますし、自由ですが、沐浴するリスクを知っておくべきです。

ガンジス川で沐浴する前に知っておきたいことは「水質汚染された水が体内に入り込み危険」ということです。

沐浴するとお腹を壊す可能性が高い

ガンジス川でバタフライ」という本のタイトル通りガンジス川でバタフライをすると、口から汚い水が体内に入る可能性が高いです。

ガンジス川の水を口から飲まなくても、基本的に穴が川の中に入ることでそこから体内に侵入することもあります。

なので、全身浸かってない人、泳いだ人はお腹を壊す可能性が高いです。
また、腰まで浸かった人であっても、おしりから病原菌が体内に侵入し、体調を崩す人もいます。

沐浴すると、お腹を壊したり、高熱を出して入院する人もいます。

繰り返しますが、沐浴する際は「ガンジス川は汚い」ということを覚えておいてください。

実際にツアーで行った場合は、ガイドの人に止められることが多いです。
ちなみに、インド人であってもお腹をこわす人もいます。
口をゆすいだりもしているので、いくらインド人でもという感じです。

下痢になるのはその人次第

ただ、ガンジス川で沐浴したからといって、全員お腹を壊すとは限りません。

数人で同じように沐浴したのに、そのうち何人かは高熱、腹痛で寝込んだり、病院に担ぎ込まれる人もいます。
しかし一方で、何事もなくピンピンしている人もいます。

これは、「個人の病原菌に対する耐性」や「沐浴したときの体調」に大きく左右されます。

また、ガンジス川に沐浴して体調を崩すのは、すぐではないのがやっかいです。
1〜3日後の人が多いですが、1週間後に急に体調が悪くなる人もいます。

お腹を壊した時にインドにいればいいのですが、1番最悪なのが飛行機に乗る時にお腹を壊している場合。
僕の友達も離陸から着陸までほぼトイレに篭っていたという人もいました。

ガンジス川に沐浴して体調を崩したらインドの抗生物質で対処

お腹を壊した場合は、日本で売っている正露丸などでは基本的に太刀打ちできません。
インドで売ってある、もっと強力な薬を飲むようにしましょう。

海外旅行保険に加入しているのであれば、病院に行ってちゃんと診察をしてもらいましょう。

日本に帰国後も、市販の薬ではなく病院に行くことをオススメします。

海外旅行保険とは何なのか。何を補償してくれるのか徹底解説!

2018年10月13日

まとめ:ガンジス川の沐浴は危険【自己責任でどうぞ】

長期旅行者は高熱をリスクを負って、自己責任であれば沐浴してもいいかもしれません。

ただし、短期旅行の人は体調を壊し、回復する時間を考えれば、「どうしてもガンジス川で沐浴したい!」という人以外は足だけガンジス川につけることをオススメします。
ただし、傷口がある人はあまりつけないほうがいいです。

関連記事ガンジス川沿いでの火葬について

関連記事インド旅行には日本人宿「サンタナゲストハウス」がオススメ

「ヒンドゥー教」についての基礎知識まとめ

2019年7月17日

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!