エアーズロック(ウルル)の観光情報まとめ【歴史や行き方を解説】



エアーズロックとウルルって違うものなの?

エアーズロックに行きたいけど、オーストラリアのどこにあって、どうやって行けばいいんだろう?

エアーズロックに登ってみたいけど、登れるのかな?

オーストラリアの中でも日本人に人気のエアーズロック。
ですが、あまり詳しい情報を知らない人も多いと思います。

そこでこの記事では

  • エアーズロックの歴史から見る正式名称
  • エアーズロックの登山
  • エアーズロックの場所と行き方

について解説していきます。

エアーズロックに行こうと思っている人はぜひ読んでみてください。

エアーズロック(ウルル)は世界で2番目に大きい一枚岩

エアーズロック(ウルル)は高さが335m、周囲が9.4kmもある世界遺産に登録されている一枚岩です。

有名なので世界で1番大きい一枚岩と思われがちですが、エアーズロック(ウルル)は世界で2番目に大きい一枚岩です。

「えっ、2番目!?
じゃあ、1番大きい一枚岩はどこにあるの?」って思う人も多いのではないでしょうか?

実は、世界で1番大きい一枚岩もオーストラリアにあります。

名前は「マウント・オーガスタス(Mount Augustus)」といい、大きさはなんとウルルの約2.5倍もありますが、全然知名度がありません。

ウルル?エアーズロック?正式名称はどっち?

日本人は「エアーズロック」という名前を知っていても「ウルル」という名前を知らない人が多いと思います。

「エアーズロックとウルルは何が違うのか」。
実は、どちらも同じものを指します。

それが、なぜ「エアーズロック」という名前でも呼ばれるようになったのでしょうか。
その理由は歴史を紐解くと分かります。

ウルルの発見によって名前が変わった

「ウルル」という名前は、昔から原住民であるアボリジニに呼ばれていた名前です。
それこそ何千年、何万年と呼ばれ続けていました。

しかし、1983年にイギリスの探検家ウィリアム・ゴスがオーストラリアを探検中にウルルを発見したことによって変化します。

大きな一枚岩を見つけたことは大発見で、彼を派遣していた当時の南オーストラリア州知事の「ヘンリー・エアーズ」という人の名前にちなんでその岩を「エアーズロック」という名前にしました。

つまり、

  • 「ウルル」という名前は昔からあった名前
  • 「エアーズロック」はオーストラリア政府が後から付けられた名前

ということです。

名前をエアーズロックに改名した後、オーストラリア政府は勝手ながら、そこに住んでいた先住民アボリジニを追い出しました。
そして、その付近一帯の土地をオーストラリアのものとし、国立公園に指定しました。

その無理矢理な姿勢に、当たり前ですが、先住民のアボリジニは反発。
アボリジニは裁判を起こし、裁判の結果、オーストラリア政府は敗訴します。
そして、国立公園の土地をアボリジニに返還しました。

返還の際、当初付けられていた「エアーズロック-マウント・オルガ国立公園」という名前から改名され、現在は「ウルル-カタジュタ国立公園」という名前になっています。

この土地は現在、原住民であるアボリジニに所有権がありますが、オーストラリア政府に1985年から2084年まで貸しているという形になっています。

オーストラリアでも長年「エアーズロック」という呼び方が一般的でしたが、だんだんと「ウルル」という呼び方が多くなってきています。

ただ、まだ日本を始め、世界中の国々ではウルルよりもエアーズロックと呼んでいる人が多いですね。

エアーズロック(ウルル)登山について

ウルルに登ることはできるのか。
答えとしては登ることはできます。

特に登山料などはかかりません。

ウルルは「ウルル-カタジュタ国立公園」の中にあり、国立公園への入場料(3日間有効)として1人25オーストラリアドルがかかります。

しかし、風の強さや気温、様々な条件があり、全ての条件を満たしている場合しか登ることはできません
また、過去には死亡事故も起きており、軽い気持ちで登れるものではありません。

また、ウルルは先住民であるアボリジニの聖地であり、観光客が登山するのを快く思っていません。
ただ、政府に貸しているかわりに、お金をもらっているので、仕方なく黙認しているという事実があります。

オーストラリア政府も登山することを推奨していませんし、登山口には日本語で「登山しないでください」と書かれた看板も設置されています。

エアーズロックの登山は完全禁止(2019年の10月から)

2019年10月26日以降、観光客のウルルに登山は完全に禁止となりました。

ちなみにこの10月26日はウルルがアボリジニに返還された記念日です。

エアーズロック(ウルル)の場所と行き方

uluruウルルはオーストラリアのほぼ中心、ノーザンテリトリーと呼ばれる地域にあります。

ウルルに行くためには、陸路と空路の2つの手段があります。

エアーズロック(ウルル)まで陸路での行き方

陸路でウルルに行く場合、ウルルに1番近くて大きい街「アリススプリングス」を拠点にするのが一般的です。

そして、アリススプリングスでレンタカーを借りたり、ツアーに申し込んでウルルを目指します。

ただし、アリススプリングスに行くにも陸路だとかなり時間がかかります。
楽しいですが、時間がある人に限られます。

アリススプリングスまでは飛行機で飛んだり、一気にエアーズロックで行く人が多いです。

僕はキャンピングカーを数人でレンタルして、運転していきました。
大人数だからこそ安くつきましたが、単独やカップルで借りると飛行機よりも高くなることもあります。

オーストラリアで運転する時に注意すること

2019年2月28日

ダーウィンからアリススプリングスまで一番安く行けるバス移動について

2016年11月27日

エアーズロック(ウルル)まで空路での行き方

エアーズロック(ウルル)へ空路で行く場合は、ウルルから車で約20分の距離にあるエアーズロック空港(Ayers Rock Airport)を目指してください。

日本からの直行便はないので、どこかの空港を経由しなければいけません。

航空券予約サイトで確認すると、所要時間は

  • アリススプリングスからだと50分
  • ケアンズからだと2時間45分
  • シドニーからだと3時間30分

で行くことができます。

エアーズロック(ウルル)まとめ

エアーズロック(ウルル)について解説しました。
知らなかったことも多かったのではないでしょうか。

最後に、エアーズロックでのホテル探しですが、Booking.comAgodaでは、ほとんど掲載していないので、Expediaで探すことをオススメします。

ウルルの近くにある観光地「キングスキャニオン」と「カタジュタ」についての情報まとめ

2016年10月22日

アリススプリングスからウルルへ個人で行く2泊3日で行くモデルプラン

2016年10月23日
この記事のタイトルとURLをコピーする
るるぶ読み放題キャンペーン
日本で人気のガイドブック「るるぶ」の電子書籍を無料で読み放題できる「ブック放題」というサービスがあります。

100冊以上のるるぶの他に雑誌200誌・マンガ2万冊も読み放題!

ソフトバンクグループが提供しているサービスで、本来1カ月500円ですが、最初の1カ月は無料体験をすることができます。

海外旅行中をより充実させるためにもぜひこの機会にご利用ください。