オーストラリアで運転する時に注意すること



オーストラリアで車を運転する時にどのような点を注意すればいいかを解説していきます。

海外旅行の他にも、ワーホリや留学をしている人の中にはオーストラリアで車を運転する人もいると思います。

僕自身もオーストラリアのアリススプリングスからウルルまでキャンピングカーをレンタルして3日間運転しました。
日本と全然違うところもたくさんわかったので、知識をシェアしたいと思いいます。

都市部の運転ではなく、田舎道を運転する時の注意点の方が多めです。

最後にオーストラリアでのキャンピングカーのレンタルについて気をつけておいた方がいいことも紹介します。

オーストラリア国内で運転する可能性がある人は参考にしてください。

オーストラリア運転ルールの基礎知識

オーストラリアは左側車線

オーストラリアは日本と同じ左側車線です。

海外で運転する時に車線が違うと運転に慣れるまで少し時間が必要ですが、この点は日本と同じなので安心です。

ちなみにオーストラリアの隣のニュージランドも左車線です。

運転するには運転免許証が必要

オーストラリアも日本と同じで、運転免許証を持っている人しか運転することはできません
無免許運転した場合は法律により罰せられます。

日本の免許証を取得している場合は、各都道府県の運転免許センターで国際免許証を発行することができます
手数料としてお金がかかりますが、国際免許証を取得すればオーストラリアを含むいくつかの国での運転が認められます。

国際免許証の発行は申請するだけで、1日でゲットできます。
国際免許証の有効期限は発行から1年間です。

国際免許証の有効期限が切れたものを持って運転していても、無免許運転になります。
その場合は、国際免許証を再発行するか、オーストラリア現地の免許証に書き換える手続きが必要です。

飲酒運転のルールについて

オーストラリアでは血中アルコール濃度が0.05%以上になっている状態での運転は禁止されています。

逆にBAC(Blood Alcohol Concentration)と呼ばれる血中アルコール濃度が0.05以下の運転は、法律上は運転しても問題ありません。

ただし、法律で許可されていても、飲酒をすれば確実に注意力は落ちます。
オーストラリアだからといっても、基本的に運転手は飲まないようにしましょう。

補足

トラック、バス、タクシーの運転手、暫定免許(Pプレート)の人はこの法律は適用されず、飲酒は完全に禁止されています。

オーストラリアのラウンドアバウトについて

オーストラリアには日本にないラウンドアバウトというものがあります。
これは信号がない交差点で、かなり特殊なつくりになっています。

道路が丸くなっていて、車が円を描いて走ります。

右側から車が最優先で、直進、右折、左折、Uターンを全てすることができます。

初めてラウンドアバウトに出くわしたときには、誰も緊張すると思います。
ルールさえ覚えれば、難しいことではありません。

  • すでに中を走っている(右側から来る)車が優先
  • 出る直前に左の方向指示器をつける

詳しいルールは下の動画で分かりやすく説明されているので参考にしてみてください。

オーストラリアの運転するとき注意すること

オーストラリアは田舎でも舗装された道路があります。

僕が実際に走ったアリススプリングスからウルルへの道も砂利道とかではありませんでした。
車もそれほど走っていません。

しかし、この道は大変交通事故が多い道路でした。
それにはいくつかの理由があります。

オーストラリアの田舎道では共通する運転時に注意することをいくつか挙げてみます。

道路の舗装状態が良くない場所がある

ウルルの近くは比較的きちんと舗装されていますが、場所によっては舗装状態がよくない場所があります
道路がでこぼこになっていたり、穴があいていたりします。

オーストラリアは紫外線が強く、道路が痛みやすいからです。
特に道路のふちが古くなっていて、欠けていたりします。

そこにタイヤが当たると、一瞬ハンドルを取られます。
事故につながらないように、できるだけ避けて走るようにしましょう。

速度制限に注意

オーストラリアは速度制限に厳しいです。
道路の脇にある道路標識にスピードが表示されているので、確認しながら走りましょう。

ウルルまで続く一本道の速度制限は120キロのところがほとんどです。
しかし、ときどき速度制限が60キロなどに落ちたりします。

そのような表示されている制限速度が下がり始める場所は、休憩所や観光地があるところです。
人が道路を横断する可能性が高くなるので、ちゃんと速度を下げて走るようにしましょう。

カンガルーの飛び出し

オーストラリアで有名なカンガルー。
見るだけなら可愛いものですが、時として危険な存在になります。

大きいものでは100kg近くなるので、車にぶつかると、車もただではすみません。
大きな怪我につながる可能性があります。

車によっては、車のフロントにカンガルーから車を守るためのガードを付けているものもあります。

カンガルーはアリススプリングス、またはウルル近くの道路に多数生息しています。
特にカンガルーは光に寄ってくるという習性があるので、夜間の運転はなるべく避けた方がいいでしょう。

オーストラリアでは、カンガルーだけでなく、牛、馬、エミューなどの動物が道路に飛び出すこともあります。

変わらない風景が続く

これがオーストラリアの田舎道で交通事故を引き起こす1番大きな理由かもしれません。
ウルルまで道は数カ所の大きなカーブ以外はほぼ真っすぐに伸びる道です。

そのため、脳があまり動かずにぼけーっとしてきます。
眠気も襲ってきます。

その眠気に耐えきれなかった人が居眠り運転をして事故を起こします。

僕が住んでいるシェアハウスに住んでいた人も去年運転手が居眠り運転をしてしまい、乗っていた車は大破、乗っていた4人は全員即死しました。

ガソリンを多めにいれておく

オーストラリアの都市部以外では、ガス欠に注意してください。

オーストラリアの田舎道はガソリンスタンドが数百kmない場所などがあります
そのため、ガソリンが少なくなった場合でもすぐに給油できないこともあります。

自分が乗る車の燃費は事前に計算しておきましょう。
そして、「足りるか微妙だなぁ」という不安な場合も入れておきましょう。

オーストラリアで運転する時にできる安全対策

こまめな休憩

体や目が疲労を感じていなくても、意外と疲れが貯まっているものです。

定期的に車を停めて休憩するようにしましょう。

休憩中は歩いたり、ストレッチをしてスッキリさせましょう。

助手席に話し相手を置く

1人でずっと運転していると眠気が襲ってくることがあります。

それを防ぐために助手席の人には起きててもらい、眠くならないように話し相手をしてもらいましょう。

オーストラリアでのキャンピングカーのレンタルについて

キャンピングカーのレンタルはオーストラリアでは一般的です。
若者から家族、定年退職した夫婦など幅広い世代の人が利用しています。

僕はキャンピングカーレンタルの大手である「Apollo」を利用しました。
2人用〜6人用まで様々な種類の車が貸し出されています。

借りたい車を検索するためには、レンタカー会社のホームページで必要項目を入力して検索します。
料金などが簡単に分かるので、いろんな会社と比較して車をレンタルしてください。

レンタルする場合には、保険の内容はきちんと確認しておきましょう。
事故を起こした場合、無保険だとキャンピングカーの弁償は高額になります。

まとめ:オーストラリアを運転

以上がオーストラリア運転で注意することについてです。

キャンピングカーを運転する人はブレーキに注意してください。
キャンピングカーは車体が重い上に、長旅だとたくさんの荷物を積み込んでさらに重くなっています。

そのため、びっくりするぐらいブレーキがききにくいです。
信号や曲がる場所が見えたら前もってスピードを落とすようにしてください。

事故に気をつけて運転するようにしてください。

アリススプリングスからウルルへ個人で行く2泊3日で行くモデルプラン

2016.10.23

ウルル、キングスキャニオン、カタジュタへ行く前に知っておくべき知識まとめ

2016.10.22

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!