カンクンの日本人宿「ロサスシエテ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

カンクンにある日本人宿の紹介です。

立地もよく日本人に人気の宿になります。

スポンサーリンク

立地

カンクンのADOのバスターミナルから歩いて5分の距離に位置しています。
そのため、カンクン空港から市内へADOのバスに乗って移動した人はスムーズに宿まで行くことができます。

大通りには面しておらず、少し奥に入ったところにあります。

門に小さく「ぺんしょん」「ROSAS7」と書いているのが目印です。

地図

宿の特徴・イベント

日本人の人が運営している宿になります。
少し不思議な感じはありますが、基本いい人です。
分からないことがあって尋ねると、丁寧に教えてくれました。

いくつかのツアーを申し込めるのですが、僕は世界遺産である「チチェン・イッツァ」の一日ツアー(英語)に申し込み、35USドルでした。
朝の7時15分ピックアップで、宿に帰ったのは20時過ぎと一日中チチェン・イッツァ以外も観光。
ビュッフェ式の昼食もついており、かなり充実したツアーでお得感がありました。
自力で行こうとしたらバスの時間が限られている上に、高くついてしまうので、ここで申し込むことをオススメします。

部屋

ドミトリー部屋と個室があります。
ドミトリーの一泊料金は140ペソ、個室の一泊料金は280ペソです。

個室にはエアコンがありますが、ドミトリーは扇風機のみです。

ドミトリーは男女別に分かれています。
男子ドミは2階に、女子ドミは2階と1階に分かれています。

男子ドミは二つの部屋を繋げたような作りになっており、シングルベッドと2段ベッドが置かれています。
店員は十人ぐらいです。

設備

キッチン

自由に使うことのできるキッチンがあります。

トイレ・シャワー

ドミトリー部屋に一個、1階に共有のトイレ・シャワー室があります。

トイレにトイレットペーパーはついいません。
持っていない人は4ペソで購入することができます。

共用スペース

一階が共有スペースになっています。
漫画と本もあります。
情報ノートもあり、かなり充実していました。

朝食

朝食はトーストとゆで卵です。

トーストは好きなだけ食べることができますが、ゆで卵は一人一個です。
ゆで卵はコンロの鍋の中に茹でたまま置かれているので、これが宿泊者用の朝食だとわからずに食べない人も結構います。

セキュリティ

建物の門はオートロックになっています。
チェックイン時にデポジットを払い、入り口のカギを借ります。

チェックインする前は、門の横にあるチャイムを鳴らして中から開けてもらいましょう。

洗濯

洗濯用の蛇口があり、手洗いなら無料で利用することができます。
有料で洗濯機も利用することができます。

洗濯物を干す場所も広く、一階の洗濯機の近くと男子ドミのベランダで干すことができます。

ネット環境

フリーWi-Fiがあります。

おわりに

ベッド数は多いですが、カンクンで人気の宿なので事前にメールで予約をするようにしましょう。
特に観光シーズンはできるだけ早めに連絡しておいた方がいいです。
ロサスシエテ 公式ホームページ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。