カンクンからコスメル島への移動方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

メキシコのカンクンからリゾート地として人気のコスメル島への移動方法について説明していきます。

バスとフェリーを使った移動になります。

スポンサーリンク

バスに乗ってプラヤ・デル カルメンに行く

カンクンからバスを利用し、カンクンから約70km離れたプラヤ・デル カルメンという街に向かいます。

大手バス会社のADOのバスを利用しました。
カンクンのADOのバスターミナルから乗ることができます。

カンクンのADOバスターミナル

カンクンからプラヤ・デル・カルメン行きのバスは頻発しています。
僕は10時半に乗りましたが、10時台は15分毎にありました。

チケット売り場に行き「プラヤ・デル・カルメン行き」ということを伝え、チケットを購入します。
料金は68ペソでした。

売り場横にある出口からプラットホームに行き、ドライバーにチケットを見せ、自分で荷物をトランクに預けます。

そして、バスに乗り込みます。
チケットには座席番号がありますが、どこに座っても大丈夫です。
みんな適当に座っていました。

バスは一度「プエルト モレロス」という街で5分間ぐらい停車した後出発し、カンクンを出て1時間20分後にプラヤ・デル・カルメンのADOのバスターミナルに到着しました。

プラヤ・デル・カルメンにはADOのバスターミナルが2つありますが、下の地図の方のバスターミナルに到着しました。
ここのバスターミナルにはフリーWi-Fiの電波が飛んでいるので、ネットを使用することができます。

プラヤ・デル カルメンのバスターミナル

フェリーのチケットを購入する

コスメル島へのフェリーのチケットはフェリーターミナルでも購入することができますが、バスターミナルからフェリーターミナルの間で数か所でブースを出して販売しています。
チケットの値段はフェリー会社によって違いますが、同じ会社ならばどこで買っても金額は同じです。

僕はADOのバスターミナルの角にある「Mexico」というフェリー会社のブースでチケットを購入しました。
値段は片道が83ペソ、往復で150ペソでした。
いつ帰るか決めてなかったので片道で購入しました。

コスメル島発は安かった

逆にコスメル島からプラヤ・デル・カルメンのフェリー料金が安かったです。
コスメル島のフェリーターミナルで購入したのですが、窓口の人は「3US」というボードを掲げて客引きをしていました。
「メキシコペソだといくらか聞くと2人で115ペソ」と言われました。
チケットには60ペソと55ペソになってました。

なんでこんなに安かったのかは分かりませんが、運が良ければ安く購入することもできます。

マクドナルドでフェリー待ち

ADOのバスターミナルの目の前にはマクドナルドがあるので、フェリー出航までの時間がある人はここで待つのがおすすめです。
エアコンのある場所でゆっくり待つことができます。

実際にフェリー待ちの人がたくさんいました。
ソフトクリームなら13ペソで食べることができます。
日本でいう100円マックは、メキシコでは20ペソマックで、20ペソ払えばハンバーガーやアップルパイなどを購入することができます。

プラヤ・デル・カルメンのADOのバスターミナルからコスメル島へのフェリー乗り場は300mほどしか離れていないので、ギリギリまでいることができます。

フェリーターミナルまで行く途中にある公園で、人が回転しながら降りていく芸を見ることができました。

フェリーに乗船する

フェリーターミナルに着いた後は、エスカレーターを使って上に行き、自分が選んだフェリー会社の名前が書かれている列に並びます。
15時とチケットに書かれていたので、15時出航だと思っていたのですが、15時に乗船開始でした。
チケットを確認された後、フェリー乗り場へ行きます。 そして、乗船する前に大きな荷物は預けます。
引き換え券を渡されるのでなくさないように持っておきましょう。

結構荷物を投げていたので、壊れ物はいれないように。

コスメル島に到着

コスメル島にはプラヤデルカルメンを出発して40分後ぐらいに到着しました。
荷物を受け取った後は、コスメル島唯一の日本人宿である「カサコスメレーニャ」に向かいました。
フェリーターミナルから歩いて約20分ほどで着きます。

おわりに

カンクンからプラヤ・デル・カルメンまではコレクティーボでも40ペソぐらいで行けるそうですが、狭いのと、荷物代が取られる可能性もあるということなので、今回はバスでの移動を選びました。

また、風が強く波が立っている日はかなりフェリーが揺れるので、乗り物酔いしやすい人は注意してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。