マラリアという感染症について



この記事ではマラリアという感染症について紹介していきます。

マラリアという名前は有名ですが、日本人でちゃんと知っている人はあまり多くありません。

  • マラリアはどのような感染症なのか
  • どのように感染するのか
  • 感染しても治るのか
  • どのように予防すればいいか

これらの問いに答えれるように、マラリアについて解説していきたいと思います。

マラリアが感染する地域に渡航する人は、渡航前に目を通すようにしてください。

マラリアとは

マラリアとは、単細胞生物「マラリア原虫」によって起こる感染症です。

マラリアは日本では馴染みのない感染症ですが、エイズと結核に並び世界三大感染症の一つです。

マラリアは、毎年世界中で2億人以上の感染者を出し、年間40万人以上ががマラリアが原因で亡くなっています。

マラリア原虫にも種類があり、マラリアを引き起こすのは以下の5種類です。

  • 熱帯熱マラリア原虫
  • 三日熱マラリア原虫
  • 四日熱マラリア原虫
  • 卵生マラリア原虫
  • サルマラリア原虫

この中で命に関わる可能性が高いのは、「熱帯熱マラリア原虫」と「三日熱マラリア原虫」です。

マラリアはアフリカ、東南アジア、南アジア、中米、南米の北部など広範囲が流行地域とされています。

生活環境の向上により、だんだんとマラリアに感染する地域は小さくなっていますが、毎年多くの人がマラリアが原因で亡くなっています。

特にアフリカでの感染が多いです。

マラリアは日本でも流行したが現在は撲滅された

マラリアはかつて日本でも発症する感染症でした。

北海道の開拓時や、戦後にアジアでマラリアに感染したたくさんの人が帰国した時など日本でも流行したことがあります。

生活環境の向上により、1960年代に撲滅されました。

マラリアの感染経路

マラリアは蚊から感染する

マラリアは、蚊を介して人間に感染します。

マラリアの感染者の体内のマラリア原虫を、蚊が吸血することで、血液を介して蚊の中に侵入。
そして、マラリア原虫を体内に持っている蚊が、別の人間を吸血する時に唾液と一緒にマラリア原虫が体内に侵入して感染します。

感染媒体である蚊は、ハマダラカという名前の蚊です。

ハマダラカは世界中に500種類以上います。
マラリアの媒介の可能性が高いのはそのうち20種類ほどです。

人から人へは感染しない

マラリアは人から人へ感染することはありません

マラリアの感染は、マラリアを媒介するハマダラカがいなければ起こりません。
そのため、マラリア感染者と一緒の空間にいたとしても、ハマダラカがいない限り感染することはないです。

現在は「ハマダラカが感染媒体である」と判明していますが、それ以前は空気感染するものとされていました。

その証拠にマラリアの語源は、イタリア語の「mal aria」という言葉で、意味は「悪い空気」です。

マラリアの症状と潜伏期間

マラリアの症状

マラリアに感染すると発熱や貧血を起こします。

発熱周期は感染したマラリア原虫の種類によって変わります。

  • 熱帯熱マラリア原虫:不規則
  • 三日熱マラリア原虫:48時間
  • 四日熱マラリア原虫:72時間
  • 卵生マラリア原虫:48時間
  • サルマラリア原虫:24時間

潜伏期間

マラリア原虫の種類によって違います。

  • 熱帯熱マラリア原虫:7〜14日間
  • 三日熱マラリア原虫:12〜17日間
  • 四日熱マラリア原虫:18〜40日間
  • 卵生マラリア原虫:11〜18日間
  • サルマラリア原虫:10〜12日間

マラリアは感染しても治る感染症

マラリアは適切に処置すると治る感染症です。

症状が重い場合は注射などをする場合がありますが、通常であれば、抗マラリア薬を飲むことが治療となります。

ただし、マラリアの種類によって処方する薬も変わってくるので、マラリアが流行している地域で発熱を起こした場合は、ちゃんと病院に行って診察してもらいましょう。

世界一周中にマラリアで死亡した日本人夫婦

マラリアは適切に処置すれば治る感染症ですが、一度感染すると、自然に治ることはありません。
そのため、マラリアの感染地域で高熱が出た場合は、病院に行くことが大切になってきます。

マラリアは適切に対処しないと死亡する可能性がある感染症です。

世界一周中にマラリアに感染したことによって日本人夫婦が亡くなっています。
当時は「タビロック」という人気ブログを書いており、未だにネット上には死を悼む記事が残っています。

タビロック夫婦は、アフリカでマラリアに感染し、南米のボリビアの首都ラパスで発症。
夫婦二人とも高熱が出たものの、高山病と勘違いし、病院に行かなかったことで死亡しました。

このように日本ではマラリアに感染する可能性はなくても、海外では誰でもマラリアに感染するリスクはあります

詳しくは以下の記事を読んでみてください。

世界一周に海外旅行保険の加入は絶対必要!無保険で旅したタビロック夫婦が辿った「死亡」という最後!

2017.10.12

マラリアの対策はハマダラカに刺されないこと

マラリアに感染するリスクがある国に旅行する人も多いと思います。

マラリアに感染しないための対策としては、マラリアを媒介するハマダラカに刺されないようにすることが感染予防になります。

ハマダラカは夕方から夜間に活発に活動するので、特にその時間帯の注意が必要です。

水が溜まっているところでハマダラカは繁殖するので、そういう場所はできるだけ避けるようにしましょう。

また寝る時は、部屋のドアを閉めるようにしたり、蚊帳を使ったりして蚊に刺される可能性を低くしましょう。

長袖などを着用し、できるだけ肌を露出させないことも有効です。
さらに、虫除けスプレーを使ったり、宿泊する部屋などでは殺虫剤を使いハマダラカを駆除するようにしましょう。

個人的には、軽くてワンプッシュで部屋中の蚊が落ちる「おすだけベープ」がおすすめです。

まとめ:マラリアは危険だが適切に処置すれば治る感染症

マラリアという感染症について紹介しました。

マラリアは世界三大感染症の1つで、毎年多くの死亡者数を出していますが、適切な処置を受ければ治癒する感染症です。

そのため、マラリアにかかる地域を旅行すっるときは、日頃からできるだけ蚊に刺されないようにして、高熱が出たら病院に行くようにしましょう。

お金のことを心配せずに病院に行けるように、海外旅行保険に加入する、または海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持って海外に行くようにしましょう。

海外旅行保険とは何なのか。何を補償してくれるのか徹底解説!

2018.10.13

世界一周(長期海外旅行)におすすめなクレジットカード3選

2017.12.29

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!