MENU
期間限定で楽天マガジンが1,100円オフ!今なら月々238円で雑誌読み放題!

マドリードからサン・ジャン・ピエ・ド・ポーまでの移動情報

スペイン巡礼で一番有名な巡礼同である「フランス人の道」。

フランス人の道は名前の通り、フランスから始まります。

今回はスペインの首都「マドリード」からフランス人の道のスタート地点となる「サン=ジャン=ピエ=ド=ポール」までの行き方について説明していきます。

この記事の著者

この記事は2年半の世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。

2020年1月〜9月までタイ旅行を最後に、海外旅行が普通に行けるような日常になることを願いながら、現在は香川に住んでいます。

最近ハマっていることは「ドラゴンクエストウォーク」です。

⇒詳しいプロフィールはこちら

目次

マドリードからサン=ジャン=ピエ=ド=ポールに行く方法

マドリードからサン=ジャン=ピエ=ド=ポールへ行く交通手段は3つあります。
バス、鉄道、飛行機の3つです。

バスを利用して行く方法

バスが1番安い移動手段です。
バスを使って行く場合、「マドリードからソリア」、「ソリアからパンプローナ」、「パンプローナから国境を越えてサン=ジャン=ピエ=ド=ポール」にと、3本のバスを乗り継いで行くことになります。

僕はバスを利用してサン=ジャン=ピエ=ド=ポールに移動したので、以下で詳しく説明していきます。

鉄道を使っていく方法

スペイン国鉄であるレンフェ(を使う場合、マドリードからパンプローナまでレンフェ(Renfe)で行くことができます。
パンプローナからはバスに乗り換えなければいけません。

リンクレンフェの公式ホームページ

飛行機を使っていく方法

飛行機を利用して行く場合、サン=ジャン=ピエ=ド=ポールには空港がないので、スペインなら「パンプローナ空港」、フランスなら「ビアリッツ・アングレ・バイヨンヌ空港」が一番近い空港になります。

出発日前日に全てのチケットを購入

利用するバス会社は「ALSA」というスペインの大手バス会社です。

正確には3本目の「パンプローナ→サン=ジャン=ピエ=ド=ポール」は別のバス会社ですが、Alsaの窓口で購入することができます。
窓口は「Avenida de América」駅にあります。

僕は移動前日に全て窓口で予約しました。
バス料金はマドリードからソリアが11ユーロ。
ソリアからパンプローナが11.40ユーロ。
パンプローナからサン=ジャン=ピエ=ド=ポールが22€でした。

出発日当日でも空席があればチケットを購入できると思いますが、時間があるなら前日に購入しておいた方が安心できます。
あらかじめネットでも購入することができます。

リンクALSAの公式ホームページ
Alsaのチケット売り場

ALSAのチケット窓口までの行き方

行き先は「Avenida de América」駅で、地下鉄を利用して行くのが一番楽です。
僕が宿泊したマドリード中心部にある宿からの行き方になります。

あわせて読みたい
マドリードで宿泊した2つのホステルまとめ【おすすめ】 マドリードで実際に宿泊したホステルを2つ紹介します。 この記事で紹介するのは Room007 Chueca Hostel Woohoo Hostal Madrid という2つのホステルです。 どちらもマド...

まずはメトロの駅である「Callao」駅に行きます。

券売機で「Avenida de América」を選択します。

マドリードのメトロの料金は移動距離によって変化します。
一番安い1.50ユーロでした。

「Terminal Autobuses」の標識に沿って歩きます。
そして、改札を出て、エレベーターを上がればAlsaのチケット窓口があります。

マドリードからソリアへ移動

マドリードのALSAのバス乗り場はチケット窓口のある階と同じで、奥にいったところにあります。

マドリードはスペインの首都であり、通勤・通学の時間には電車は混雑します。
ラッシュの時間をずらしてバスを取ることをオススメします。

ラッシュの時間が避けられない場合は、スリに気を付けて、荷物が邪魔にならないように電車を利用しましょう。
荷物が多い人はタクシーを利用を考えてもいいかもしれません。

ソリアで乗り換えて、パンプローナに移動

ソリアに到着予定時刻が13:15でパンプローナ行きのバスが出発するのが13:20でした。

バスは13:16にソリアのバスターミナルに到着し、隣に停車していたバスに乗り換えすぐに出発しました。

パンプローナで次のバスを待つ


パンプローナに着いた後はサン=ジャン=ピエ=ド=ポール行きのバスをしばらく待つ必要がありました。

ですが、待合場所はたくさんの椅子があり、フリーWi-Fiも使うことができます。

パンプローナは大きな町で中心部は城壁に囲まれています。
巡礼でパンプローナは訪れますが、この待ち時間の間でも町中に行って観光するのもいいかもしれません。


サン=ジャン=ピエ=ド=ポール行きのバスチケットを購入できるブースもありました。

パンプローナからサン=ジャン=ピエ=ド=ポールに移動

サン=ジャン=ピエ=ド=ポール行きのバスはソリアから乗ってきたバスと同じでした。

そのバスにのる乗客はほとんどおらず、見た感じ全員スペイン巡礼を目的とした人でした。
登山靴やポールを持っていたからです。

サン=ジャン=ピエ=ド=ポールに到着

パンプローナを出発して1時間40分後サン=ジャン=ピエ=ド=ポールに到着しました。
EU圏内の移動なのでパスポートチェックはありません。

パンプローナからサン=ジャン=ピエ=ド=ポールへの道は山道なので、クネクネした道を進んでいきます。
車に酔いやすい人は酔い止め対策をしておいた方がいいと思います。

降りた場所はバスターミナルなどではなく、道が開けた場所でした。
到着場所

そこから僕は予約しておいた「Gîte Le Chemin vers l’Etoile」に行きました。
人によってはそのまま巡礼事務所に行ってもいいと思います。

あわせて読みたい
スペイン巡礼開始前日に出発地点であるサン=ジャン=ピエ=ド=ポルですべきこと 巡礼を始める前にすべきことがあります。 それは巡礼に必要なものを手に入れることです。 また、巡礼に必要のない荷物を最終目的地であるサンティアゴ・デ・コンポステ...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる