チェンマイのおすすめゲストハウス「Lemonap Hostel」【清潔】

この記事では、チェンマイにあるゲストハウス「Lemonap Hostel」を紹介します。

建物全体が清潔で、スタッフも優しく、快適です。

朝食に卵料理なども出てくるおすすめの宿となっています。

この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。(詳しいプロフィールはこちら

チェンマイのおすすめゲストハウス「Lemonap Hostel」を紹介

立地とアクセス

「Lemonap Hostel」はチェンマイの旧市街の北側にあります。

具体的にはチェンマイの観光名所の1つである「ワット ロークモーリー」の近くです。
歩いて約3分ぐらいの近さです。

バスターミナルや鉄道の駅から、ソンテオやタクシー、Grabを使って行くときは、目的地を「ワット ロークモーリー」と伝えましょう。

この記事で紹介している「Lemonap Hostel」がある通りには宿がたくさん並んでいます。
上記の写真を参考にして間違えないようにしましょう。

夜になると宿の近くには屋台がたくさん出るので、ご飯には困りません。

コンビニも徒歩3分ぐらいの場所にあるので便利です。
Lemonap Hostelの場所

宿の特徴・チェックイン・チェックアウト

宿のチェックイン時間は14時から。
チェックアウト時間は11時までです。

ただ僕はバンコクからチェンマイまで夜行バスで移動したので、宿に着いたのが朝の10時ぐらいでしたが、1時間くらい待てば部屋に移動してくれました。

バンコクからチェンマイまで「トランスポート社」の夜行バスで移動【VIPクラスは快適】 

2020年2月10日

清掃の人は朝早くから掃除をしていて、ベッドの準備ができていればこのように早めにチェックインもできるということです。

チェックイン時に、鍵のデポジット100バーツが必要になります。

スタッフは優しく、宿泊客のことを考えてくれています。

ドミトリー部屋に一緒な時に泊まっていた人が、真夜中に部屋全体のライトを付ける人がいて困っていました。

そんなことをたまたま話したら、その日の内に注意書きを作って壁に貼ってくれました。
行動力が早くて感動した記憶があります。

部屋

宿には複数人向けの個室もありますが、ほとんどの部屋はドミトリーです。

1番安い部屋は、2段ベットが5つ並んだドミトリー部屋です。
男女共用の部屋と女性専用の部屋が分かれています。

各ベッドにはカーテンが取り付けられているおり、プライベートな空間はある程度確保できます。

またベッド内にはコンセントが2つ、ベッド用のライトもあります。

ベッドの横にタオルを干せるポールとハンガー1つもついているので、服をシワにならないように干せます。

また、部屋の中に1人1個鍵付きのロッカーもあります。

設備

建物は

  • 1階が受付・共有スペース
  • 1.5階にソファーがあるスペース
  • 2階から4階が宿泊スペース

となっており、屋上があるという感じです。

屋上からは観光名所の「ワット ロークモーリー」の一部が見えます。

トイレ・シャワー

各階にトイレ1つとシャワー2つがあります。
自分の部屋がある階のトイレやシャワーがいっぱいでも、他の階に移動すればいいだけなので問題ありません。

バスタオルも無料で貸してくれます。

共用スペース

共有スペースは1階にあり、机がいくつか並んでいます。

パソコンで調べ物をするときに使えます。
水はいつでも飲めます。

また、コーヒーと紅茶のティーパックも置いています。
ただし、ポットは昼までしか稼働させてないので、昼以降は電子レンジで水を沸かす必要があるので覚えておいてください。

朝食

宿泊者には無料の朝食がついています。

朝食内容は

  • トースト
  • シリアル
  • サラダ
  • 卵料理
  • ウインナー
  • フルーツ

となかなかの充実度です。

卵は目玉焼きの時とスクランブルエッグの時がありました。

無料の朝食はトーストとシリアルだけのところが多い中、卵料理やウインナー、サラダなどがある宿はそれだけで嬉しいですね。

セキュリティ

建物は基本的にオートロックです。
建物の入口はオートロックで、外からカードキーをかざすことでないとロックが解除されます。

また各部屋のドアもオートロックで、チェックイン時に貰えるカードキーを探さないと開きません。

僕が延泊するとなった時は、カードキーに新しく情報入れていました。
このようにしっかりカードキーごとに管理されています。
しっかりしている

洗濯

宿には自由に使える洗濯機と乾燥機が設置されています。

洗濯機は1回40バーツ。
乾燥機は1回50バーツです。

洗剤は付いてないので、自分のもの使うか、コンビニなどで購入する必要があります。

屋上には洗濯物を干せる場所もあるので、乾かすのを急がない人で、天気が晴れていれば乾燥機を使わなくても大丈夫です。

自分で洗濯機乾燥機使うのがめんどくさい人は、ランドリーサービスを使うこともできます。

ランドリーサービスは、洗濯、乾燥をしてくれ、綺麗に折りたたまれて返ってくるサービスです。

昼の12時までに受付に洗濯物を渡すと、19時には全て完了して受け取ることができます。

「1キロ50バーツ」と少し高いですが、自分で洗濯機に入れたりをしたりする手間が活躍できます

自分で洗濯機乾燥機使うのがめんどくさい人は、ランドリーサービスを使ってみましょう。

チェンマイのゲストハウス「Lemonap Hostel」まとめ

チェンマイのゲストハウス「Lemonap Hostel」を紹介しました。

とにかく建物全体が綺麗なので、清潔さを重視する人におすすめの宿となっています。

チェンマイのゲストハウスまとめ

2019年7月5日

チェンマイからチェンライへグリーンバスで移動【予約方法と移動の流れを解説】

2020年2月22日

タイに旅行に行くなら、楽天グループの旅行会社「Voyagin」を利用するのがおすすめ。

タイ名物「ニューハーフショー」や「ムエタイショー」などの入場チケットを割引価格で購入することができます。

他にも「お得なチケット」や「現地ツアー」がたくさんあるので、現地で購入するよりもお得になりますよ。

記事のタイトルとURLをコピーする
ブログ記事やSNSで紹介していただけるとありがたいです。