JFK空港からマンハッタンまでエアトレインを使った行き方



ANAやJALも発着するニューヨークの窓口であるJFK空港からニューヨークのマンハッタンまで行き方を説明していきます。

今回詳しく紹介するのは、安く移動できるエアトレインと地下鉄を使った方法です。

ニューヨークに飛行機で行く人は参考にしてみてください。

JFK空港について

JFK空港(正式名称はジョン・F・ケネディ国際空港)はニューヨークにある3つの国際空港の1つです。

成田空港の約2倍の面積を持っています。
さらに成田空港は3つのターミナルがありますが、JFK空港は3倍の9つものターミナルがあり、アメリカの中で1番多い空港となっています。

アメリカ各地や近辺の国はもちろん、ヨーロッパやアジアから世界各地の飛行機が毎日発着しています。

JFK空港の場所

JFK空港からニューヨーク市内への移動手段について

JFK空港(通称:JFK空港)からニューヨークのマンハッタンへの移動手段交通手段は以下の通りです。

  • エアトレイン+地下鉄
  • 空港バス
  • シャトルバス
  • タクシー
  • Uber

今回はその中でも最初の「エアトレインと地下鉄を使った移動方法について解説していきます。

エアトレインは365日、24時間運行
朝早い時間に到着しても、すぐに移動することができて便利です。

JFK空港からエアトレインで移動

JFK空港からマンハッタンまで移動するために、まずエアトレインに乗ります。
エアトレインの標識を頼りに進んでください。

エアトレインには「ジャマイカ行き」と「ハワードビーチ行き」があります。

タイムズスクエアなどがあるマンハッタンへ行くにはジャマイカ行きに乗ってください。

エアトレインの乗車料金は後払いなので、目的地へ行くエアトレインが来たら、そのまま乗り込みます。
そして、終点のジャマイカ駅で下車してください。

ジャマイカ駅でエアトレインの支払いをする

エアトレインでジャマイカ駅に到着したら、地下鉄の標識に向かって歩きます。
改札の前にエアトレインの運賃を払う場所があります。

すでにメトロカードを持っている場合は運賃の5ドルだけでいいですが、初めてニューヨークに来たの人はメトロカードを持っていないはずなので券売機で購入します。

エアトレインの運賃5ドルと、メトロカード代の3.5ドルの合わせて8.5ドルを支払ってください。
券売機は日本語対応しているので、英語がわからない人も心配いりません。

購入したメトロカードを改札に通して、エアトレインは終了です。

補足

他のブログを読むと、この券売機はお釣りが出ないと書いているものもありますが、間違っています、

お金を崩しましたがその必要はありませんでした。

マンハッタンまで地下鉄で移動する

エアトレインの改札を抜けると、次は地下鉄に乗り換えます。
地下鉄のJのマークを目印にして進んでください。

地下鉄の改札前にある券売機で先ほど買ったメトロカードをチャージしましょう。
一回2.75ドルです。

その後「Broad st行き」に乗ってください。
あとは宿に近い駅で降りればOKです。

まとめ:JFK空港からマンハッタンまではエアトレインと地下鉄で移動

JFK空港からニューヨークのマンハッタンまでエアトレインと地下鉄を使って移動する方法を説明しました。

安く移動できる手段なのでおすすめです。
ただし、朝と夜の通勤ラッシュがあるので、その時間はできるだけ避けるようにしましょう。

アメリカでiPhoneを購入するときの注意点

2017.08.11

「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!