サンパウロ市内からグアルーリョス国際空港へ9.4レアルで移動する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

サンパウロの市内には「グアルーリョス国際空港(GRU)」と「コンゴニャス空港(CGH)」という2つの空港があります。

今回はサンパウロ市内からグアルーリョス国際空港まで安く行ける方法を説明していきます。

スポンサーリンク

エアポートシャトルを使うのが一般的

サンパウロ市内からグアルーリョス国際空港まではエアポートシャトルを利用して行く人が多いです。

ただ、エアポートシャトルは楽な上に利用客は外国人観光客がほとんどなので安全ですが、45.5レアルと料金が高いです。

今回紹介する方法はメトロと市バスを利用した方法
移動も全然難しくなく、エアポートシャトルに比べてかなり安く行けることができます。

メトロの料金は一律3.8レアル。
そして市バスは5.5レアル。
合わせて9.4レアルでサンパウロ市内からグアルーリョス国際空港まで行くことができます。

まずはMetroのTatuape駅に行く

まず、泊まっているところの近くからメトロに乗って「Tatuape」駅に向かいます。

切符売り場で3.8レアルを払い、手に入れた切符を改札に入れるだけです。
僕が宿泊していた東洋人街近くの「HostelariaSP」という宿からは、最寄りの「Sao Joaquim」駅からメトロに乗ります。


一度「Se」駅で乗り換えるだけで30分間で到着しました。

空港行きのバスに乗る

空港行きのバスは「257番」です。
約15分間隔で運行しています。
運行時間は05:00〜00:10となっています。

Tatuape駅に着いたら階段を上り、メトロの改札を出て左に行きます。
上の案内表示に書かれている「Termina Norte(Onibus Aeroporto)」を目印にその方向に進みます。

少し歩いたら、左手に下へ行くエスカレーターがあります。
エスカレーターの手前の上に「Embarque Linha 257 – Guaruhos(Aeroporto)」と書かれています。
それに乗り、下へ行きます。

空港行きのバスは左手に停車します。

バス料金は5.95レアル。
運転手にお金を払い、回転棒がついたゲートを抜け、席に座りましょう。 バスの前方に荷物を置くスペースがあります。

バスは発車すると市街地を抜け、やがて6車線の道路へ。
途中で何度か人を降ろし、空港へ向かいます。

グアルーリョス国際空港に到着

空港の西側を入り、まずは第1ターミナルで停車します。
僕が乗ったバスの人は誰も降りず、バスはすぐに出発しました。

その後、10分ほど走り、大きな赤いモニュメントがあるところを曲がると第2ターミナルに到着します。

注意すること

所要時間について

僕が第1ターミナルに着いたのは、Tatuape駅を出発してから20分後、第2ターミナルに着いたのは30分後でした。
ただ、僕がこのバスを利用したのは日曜日の午前中という人の移動の少ない時間帯でした。

公式ページ上には所要時間は約55分間と書かれているように、平日だともっと時間がかかることが予想されます
また、グルーリョス空港はとても広く、目的のチェックインカウンターが遠く、かなり歩きました。

時間に余裕を持って行けるようにしましょう。

ストライキに注意

僕がグアルーリョス国際空港に行く前日に観光に行く際にGoogleMapsで行き方を調べてみると、「運休」と表示されていました。
詳細を見てみると「General Strike」と書かれており、ストライキが起こっていることが判明。
実際にこの日はメトロは一切動いていませんでした。

ストライキは頻繁には起こることはありませんが、起こる可能性は0ではないので、出発前にチェックしておくといいでしょう。
また、ストライキが起こっていた場合、長引く可能性も考慮して、タクシーのことも頭に入れておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。