バグス村に行くなら、イスラエル料理を食べて、デザートはバグス村限定ケーキで決まり!



インドのマクロードガンジから歩いていける「バグス村」。

その村でイスラエル料理「ファラフェル」が食べれる店とバグス村にしかない「バグスケーキ」というものがあります。

この記事ではその2つの店について紹介していきます。

バグス村までの道のり

ヤギバグス村はダラムサラのメインスクエアから2キロほど離れている。

歩くとだいたい30分弱で行くことができる。
ダラムサラ側から歩けば、最初の半分は上り坂で、残り半分は下り坂になる。
猿歩いていくと、とにかく牛を多く見ると思います。

草を食べていたり、のんびりしています。その他にも、犬やヤギ、猿なども見ることができます。

バグズ村でイスラエル料理「ファラフェル」を食べる

分かれ道

バグス村に入るとすぐにオートリキシャやタクシーがたくさん停まっている場所があります。

そこをずっと進むと分かれ道があります。

目標は左手にある「German Berckary」です。
そこを左に曲がってください。

ちなみに、右側に進むと、バグス村の寺院と、滝があります。
イスラエル外観左に曲がると、上り坂がずっと続いています。その道を3〜4分ほど上がると、右側に「Du Du FALAFEL」と書いた店があります。ここがイスラエル料理の「ファラフェル」を食べれる店です。

料理は「ファラフェル」しかありません。サイズは、スモール(ハーフ)かビッグがあり、値段はスモールが80ルピー、ビッグが140ルピーです。

イスラエルオーダーを聞いてから揚げるので、できるまで少し時間がかかります。僕の場合は20分くらいかかりました。ボリュームがあり、一つ食べるだけで、お腹いっぱいになります。

バグズ村限定ケーキ!その名もバグスケーキ

バグスケーキ外観イスラエル料理の店から坂道を1分ほどを登った右側に限定ケーキを売る「シンコーナー」があります。レストランみたいにはなっておらず、お菓子や日用品を売っているただの売店です。
店員の人にバグスケーキを頼むと、冷蔵庫から、冷えたものを出してくれます。

ケーキ味味は2015年9月現在4つあります。「チョコレート味」、「ホワイトチョコレート味」、「ピーナッツバター味」、「ミックス味」です。

ケーキ外装包装もちゃんとした箱に入っていて、インドのお菓子じゃないみたいです。

バグスケーキ僕はチョコレート味を頼みましたが、美味しかったです。

店の中には特別に座って食べる場所はないので、上り坂の途中にいくつかあるベンチにでも座りながら食べるのをオススメします。

まとめ

バグズ村で食べれるイスラエル料理「ファラフェル」と「バグズケーキ」について紹介しました。

どちらも美味しいので、バグズ村に行った際はぜひ味わってみてください。

インドで食べておきたい美味しいラッシー5選

2015.10.30

マクロードガンジーの日本食レストラン「ルンタ」の日本食がうまい!

2015.10.20






「役に立ったよ」と思ったらシェアお願いします!