情報発信をして、あなたの経験を誰かのために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたは旅の様子を発信していますか?

あなたが書いた一文が、あなたが撮った一枚の写真が、あなたが撮影した数秒の映像が誰かの人生を変えるきっかけになるかもしれません。

世界一周をしている人は何らかの形で情報発信しましょう。

スポンサーリンク

世界一周は情報発信する価値がある

8dd9e15eb40cf0da91b8c8aa835564fc_s
世界一周をするのは世界の中でも日本の中でもごく一部の人だけです。

「世界一周に行こう」と思っても実際に行くことができるのは、お金やパスポートなどの理由から世界の中でも限られた国の人たちだけだからです。

日本人はその限られた人たちの中に入っていますが、世界一周をするためには会社を辞めたり、大学を休学したりして、数ヶ月から1年間ぐらいの長期に渡る自由時間を確保する必要があります。

よって、日本人であっても実際に世界一周を実行に移す人は少ないです。

そういう意味で、長い時間をかけてする世界一周するというのは貴重なことです

たとえ世界一周をしている中で自分が普通に思っていることでも、日本では考えられないこともたくさんあります。

あなたがそういうことをネットを通じて発信することで、誰かの人生を変えるきっかけになる可能性があります。

自分に起きたこと、考えたことなど何でもいいので、とにかく発信しましょう。

あなただけの経験が誰かのためになる

40a7d0663dc8c6438696e85b6c8f9e6e_s
世界一周は基本的に自分1人のためのものです。
なので、何も発信しないと1人だけで完結してしまいます。

しかし、情報発信することで自分以外の人に価値を提供することができます

日本人の中でも世界一周をしている人はいますが、それぞれ違った経験をしています。

たとえ同じ場所に行ったとしても、違った人と出会いますし、違うことを感じます。
その場所であなたが撮る写真も映像も他の人が撮ったものと全く同じということはありえません。

つまり、あなたが発信する情報は文章であっても、写真であっても、映像であっても世界でただ一つだけの情報ということです

旅を自分だけで終わらせるのはもったいないです。

世界一周で得たあなただけの経験を「自分のためだけ」でなく「他の人のため」にもなるように情報発信をしましょう。

情報発信ができる5つのサービス

ネットを使った情報発信の方法はいくつかあります。
それぞれに特徴があり、長所と短所があります。

今回は誰でも簡単にできる情報発信のサービスを5つ紹介します。

手軽に発信できる「Twitter」

情報発信をするのに1番手軽で簡単なのがTwitterです。

Twitterは短文で気軽に情報発信することができるサービスで、写真や動画も簡単にツイートに添付できるので、文章だけで伝わらないことも伝えることができます。

Twitterは「フォロー」ボタンを押すだけで見ず知らずの人と簡単につながることができるのが特徴です。
誰かが自分のフォロワーになると、その人のタイムラインに自分のツイートを表示させることができます。

さらにTwitterにはリツイート機能がついているので、面白いツイートや考えさせられるツイートをすると拡散されることにより、たくさんの人に伝えられることができます

仲の良い人に発信できる「Facebook」

FacebookはTwitterよりも長文の投稿をすることができます。

ただし、Facebookは基本的に出会った人と繋がるSNSなので、Twitterに比べて不特定多数の人に見られる可能性は低いです。
「シェア」という機能もありますが、Twitterよりも拡散力は劣ります。

しかし、Twitterと違って、Facebook上の友達はあなたのことを知ってるので、ちゃんと文章を読んでくれる可能性が高いです

友達以外と繋がる方法として、Facebookページを作ることは一つの手です。
Facebookページを作り、いいねボタンを押されることで、自分の情報を個人のタイムラインに表示させることができます。

写真一枚で伝える「インスタグラム」

写真に特化した情報発信ツールです。

写真を撮るのが好きな人、写真で何かを伝えたい人にはもってこいのサービスです

写真に簡単にエフェクトを付けることができるので、素人でも見た目のいい写真を投稿することができます。

いい写真を撮り続けていると、知らない人からフォローされる可能性があります。

映像で伝える「YouTube」

映像で何かを伝えるので1番有名なサービスです。

Youtubeは、映像を簡単にアップすることができ、長時間の映像も問題ありません。

自分のチャンネルを作り、マネタイズをしてYouTuberとしてお金を稼ぐ人もいます。

7秒間の動画で伝える「Vine」

VineもYouTubeと一緒で映像で情報を発信するサービスです。

ただYouTubeと違う点は映像の長さです。
Vineは1つの動画は「7秒間」というルールがあり、それ以下でもそれ以上の長さの動画は撮ることができません。

Vineのいいところは、映像が終わった後に自動的にリピートされるところです。
VineのリンクをTwitterでツイートすることで、タイムライン上で自動的に再生されるという特徴があります

伝えたい事を自由自在に発信できる「ブログ」

ブログのいいところは書きたいように書くことができるところです。

上記にあげたSNSは気軽に伝えるのにはいいですが、しっかりとしたことを伝えるのにはやはり短い文章や一枚の写真だけでは伝わりきれないものです。

ブログのメインは文章ですが、写真も映像も好きなだけ文章の中に入れ込むことができるので、自分の思ったように表現することができます

無料のものから有料のものまでたくさんのブログサービスがあり、誰でも簡単に始めることができます。

ブログもマネタイズすればお金を稼ぐことができます。

まとめ

世界一周をすることは世界的にも珍しい経験です。
あなたが感じたことや経験したことを発信することはとても意味があります。

上に挙げた5つの情報発信の方法はそれぞれに長所と短所があるので、一つのサービスを使うだけでなく、組み合わせて使うことで相乗効果が出て、より多くの人に伝えることができます。

よければ僕のSNSもチェックしてみてください。
Twitter:@akihikouki1213
instagram:akihikoo13
Vine:佐々木昭彦(世界一周中)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。