ネパールビザ延長手続きの方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ネパールは居心地のいい国です。

予定や気分が変わり、取得したビザの日数よりも長くネパールにもっといたくなる人もたくさんいると思います。

そんな人は、簡単な手続きをすることで、ビザの延長をすることができます。

スポンサーリンク

ビザの延長について

ネパールビザはビザ取得時に、15日間、30日間、90日間ビザのどれかを決めることになります。
そして、取得したビザの日数以上に滞在したくなった場合、国内で延長手続きをすることによって滞在期間を延ばすことができます。一度出国してビザを取り直す必要はありません。

取得しているビザを延長するのではなく、「延長ビザ(Extension Visa)」を新たに取得する形になります。

ネパールでは、1年間(1/1から12/31まで)のうち150日間まで観光ビザ(延長ビザを含む)で滞在が可能です。

手続きは、大まかに2つあります。
1.オンライン申請
2.イミグレーションオフィスで申請

それぞれについて説明していきます。

①オンライン申請

ネットでネパールビザのページにアクセスし、必要事項を入力します。

下のリンクをクリックすると、入力画面に飛びます。
ネパール延長ビザのページ

オンライン申請の入力について

・「1.5×1.5」サイズの写真を用意しないといけません。
スマートフォンやタブレットでオンライン申請をするなら、顔写真のところをタップして「写真を撮る」を選択し、カメラ機能を使うことで簡単に写真が用意できます。

・入力したデータは15日間保存され、15日経った後は自動的に削除されます。

・「Permanent Address (Home Country)」の「PIN Number」と「Address in Nepal」の「 Ward Number」の入力欄には適当な数字を入力して大丈夫です。
Ward Numberは2桁の数字を入力してください。

オンライン申請が終わったら

USBを持っている人はデータを保存し、持ってない人はメールで自分にリンクを送ります。
そして、インターネットカフェや旅行代理店などのプリントサービスを行っている場所で印刷してください。

印刷した紙に、自筆でサインする場所があるので、ボールペンでサインすることを忘れないようにしましょう。

②事前準備

持ち物を揃える

イミグレーションオフィスに持っていく必要のあるものは以下のものです。
🔵パスポート
🔵申請書(オンライン申請を印刷したもの)
🔵パスポートのコピー(以下のものを各1枚ずつ)
1.顔写真のページ
2.取得しているネパールビザのページ
🔵ビザ延長料金

延長料金について

ネパールビザの延長料金は、

15日までは一律30ドル
15日以降の延長は1日につき2ドル

と決まっています。

1日の延長であっても、30ドルが必要になります。

例)
2日の延長 :30ドル
19日の延長:38ドル   内訳:30ドル+8ドル(2ドル×4日)

不法滞在(ビザが切れている状態で滞在すること)の期間分は1日につき3ドルかかるので、ビザの延長は早めにしましょう

③イミグレーションオフィスでの申請の流れ

イミグレーションオフィスはカトマンズやポカラにあります。
僕はポカラのオフィスで申請をしました。

カトマンズでもポカラのオフィスでも手続き自体はそこまで違いはないと思います。
カトマンズでの延長手続きについては下のリンクを参考にしてください。

まずオフィスに行きます。
レイクサイドの南側側に位置しています。
カトマンズ行きのバスが発着する「Tourist Bus Park」の近くです。
僕が泊まった「Shanti Guest House」からは歩いて20分くらいで行くことができます。
image

地図

[mappress mapid=”1″]
申請時間は
日曜日〜木曜日10:00〜15:00
金曜日10:00〜13:00
土曜日は休館日なので受付をしていません
写真 2015-10-29 11 15 01

着いたら、オフィスの中に入ります。

係の人に必要書類とパスポートを渡します。
僕が行った時は、手前の椅子に座った人がまずチェックして、窓口に書類を持っていきました。
写真 2015-10-29 11 17 02
窓口の人が書類に少し書き、2番の部屋に行くように言われるので、すぐ奥にある2番の部屋に入ります。

写真 2015-10-29 11 18 40     写真 2015-10-29 11 20 14

中に人がいるので、書類を渡し、申請料金を払います。
申請料金はネパールルピーでの支払いになります

お金を払い終わったら、部屋を出て、入口近くの椅子で待ちます。
そして、数分後、延長ビザがついたパスポートを窓口で受け取ります。

受け取ったら、新しいビザの有効期限が間違っていないかを確認してから帰りましょう。写真 2015-10-29 11 50 44

僕がイミグレーションオフィスに行ったときは、他にビザ延長する人が全然いなかったので15分くらいで終わりました。しかし、日によってはグループが来ることもあるそうなので、時間に余裕を持って申請したほうが良さそうです。

おわりに

たった1日の延長でも、30ドル払わないといけないことがネックになって、「15日もいれないのに、30ドルは高い。でも、もっといたい。」。
そう思う人もいると思います。

僕もそうでした。

30ドルは旅人にとって、そしてネパールの物価に対して決して安い金額ではありません。

15日いる人ならまだしも、10日しかいれない場合1日当たり3ドル、5日しかいれない場合は1日当たり6ドル払うことになり、滞在日数が短いほど割高になります。

悩むのは当然だと思います。

それでも、もっとネパールにいたいと思ってる人はビザを延長することをオススメします
自分がいたいだけネパールを味わってください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。