【6,000ポイントゲットキャンペーン中】リクルートカードは充実した海外旅行保険付帯でポイント還元率も高い

リクルートカードってどんなクレジットカードなんだろう?

この記事では、リクルートカードについて詳しく紹介していきます。

リクルートカードは

  • 年会費無料
  • ポイント還元率が高く
  • 海外旅行保険も付帯している

という特徴を持っています。

日本国内はもちろん、海外旅行の時にも大活躍するクレジットカードです。

最大6,000ポイントゲットキャンペーン中

この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。1月〜9月までタイで過ごし、成田での自主隔離を終え、現在は香川に住んでいます。(詳しいプロフィールはこちら

リクルートカードの基本情報

リクルートカード

今回紹介するリクルートカードの基本情報をまとめると以下のようになります。

発行会社リクルート
年会費無料
ポイントの種類リクルートポイント
ポイント還元率1.2%
国際ブランドVISA CARD、JCB、Maseter Card
海外旅行保険最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行保険最高1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険国内、海外ともに年間200万円

リクルートポイントは、大企業のリクルートが発行しているクレジットカードです。

年会費無料にも関わらず、海外旅行保険やショッピング保険も充実。

さらに、ポイント還元率が高く、特にリクルートのサービスを利用した時にはさらに還元率が高くなるお得なクレジットカードです。

「リクルート」と聞くと、「就職や転職関係のサービスしかないのかな」と思われるかもしれませんが、「旅行」や「ネットショッピング」などたくさんのサービスを手掛けているので心配はいりません(後述します)

リクルートカードの新規発行で最大6,000ポイントゲットキャンペーン開催中

リクルートカードでは、新しくリクルートカードを発行した人に最大6,000ポイントがゲットできるキャンペーンを開催しています。

通常だと以下の通り条件を満たせば、6,000ポイントをゲットできます。

  • 新規入会で1,000ポイント
  • 初回利用で1,000ポイント
  • 携帯電話料金の支払いで4,000ポイント

「1ポイントは1円分」として使えるので、キャンペーンを最大限利用すれば、6,000円分得することができます。

最大6,000ポイントゲットキャンペーン中

リクルートカードのポイントは高還元率で使いやすい

リクルートカードは、クレジットカードの支払額に合わせてリクルートポイントがたまります。

ポイント還元率は1.2%で、一般的なクレジットカードより還元率が高めです。

さらに、発行元であるリクルートに関係しているサービスの利用時には、ポイント還元率が上がります。

例えば、

  • 旅行サービスの「じゃらん」で宿泊予約をすると、ポイント還元率は3.2%
  • ネットショッピングサイト「ポンパレモール」の利用で、ポイント還元率は4.2%

などです。

特に今はGo To トラベルキャンペーンが実施中。
じゃらんはでGo To トラベルキャンペーン対象事業者なので、宿泊予約をすると、35%オフです。

ということで、Go To トラベルキャンペーンを利用して国内旅行に行く人は

  • Go To トラベルキャンペーンで35%オフ
  • 3.2%のポイント還元

と普段よりさらにお得です。

じゃらんのGo To トラベルキャンペーンページはこちら

じゃらんで使えるクーポンはこちら

電子マネーのチャージでもポイントが貯まる

リクルートカードは、普段の買い物の支払いだけでなく、電子マネーをチャージしたときにもリクルートポイントが貯まります。

ただし、対象になる電子マネーのチャージは、発行する国際ブランドによって違います。

JCBの場合は

モバイルSuica

のチャージのみ。

MastercardとVisaの場合は

  1. 楽天Edy
  2. モバイルSuica
  3. SMART ICOCA

の3つのチャージが対象です。

「モバイルSuica」も「SMART ICOCA」のどちらも全国で使える交通系電子マネーですが、もともとSuicaは東日本、ICOCAは西日本を中心として使われていた歴史があります。

したがって、特に西日本の人は「SMART ICOCA」のチャージでもポイントが貯まる恩恵を受ける人は多そうです。

また、楽天カードユーザーは、通常だと楽天Edyのチャージで楽天ポイントが貯まりますが、リクルートポイントを貯めたい人はリクルートカードに設定できるのは嬉しいですね。

「SMART ICOCA」と「楽天Edy」のチャージでもポイントを貯めたい人は、国際ブランドをMastercardまたはVisaを選択しよう!

電子マネーのチャージによるポイント加算は、全ての電子マネーの合計チャージ額30,000円分までです。

リクルートポイントは使いやすい

リクルートカードで貯まったポイントは、以下のようなリクルートのサービスで「1ポイント=1円」で使うことができます。

「じゃらんゴルフ」や「ゼクシィ内祝い」は使う人が限られていますが、その他のサービスは利用している人が多いのではないのでしょうか?

また、「リクルートポイント1ポイント = Pontaポイント1ポイント」で交換でき、Pontaポイントは、

  • コンビニの「ローソン」
  • 飲食店の「KFC」、「すき家」、はま寿司」
  • 家電量販店の「コジマ」、「ビックカメラ」

などたくさんの店で利用可能です(その他にもたくさんあります)。

Pontaポイントの他にも、「リクルートポイント2ポイント = JALマイル1マイル」のレートで交換もすることもできます。

旅行に行く人は、じゃらんで宿泊料金がお得になるだけでなく、飛行機代もお得になるね!

リクルートカードは充実した海外旅行保険・国内旅行保険付帯

リクルートは、年会費が無料にも関わらず、海外旅行保険と国内旅行保険が付帯しています。

旅行中に

  • 自分の所持品が盗まれたり、壊れたりした時
  • 旅行先で病気になった時
  • 旅行中に事故にあって怪我をした時

などに、リクルートカードの保険が適用されます。

最大の補償金額は以下のようになります。

海外旅行最高2,000万円
国内旅行最高1,000万円

年会費無料で、最高2,000万円が出る海外旅行保険はすごい!

ただし、リクルートカードの旅行保険は利用付帯です。

利用付帯というのは、クレジットカードを持っているだけで自動的に保険が適用されるのではなく、旅行に関係する支払い(航空券、ツアー料金、宿泊費など)をリクルートカードで決済することにより旅行保険が適用されるというもの。

リクルートカードはキャッシュレス診断に対応しているので、海外で病院を利用してもその場でお金を支払う必要がありません。

リクルートカードまとめ

リクルートカードについて紹介しました。

年会費無料で、ポイント還元率が高く、海外旅行保険も充実してるということがわかってもらえたでしょうか?

ぜひ、6,000ポイントもらえる期間に、興味がある人は発行してみてください。

最大6,000ポイントゲットキャンペーン中

世界一周におすすめなクレジットカード5選【2021年版】

2017年12月29日
記事のタイトルとURLをコピーする