MENU

LINEMOの料金や評判は?【LINEモバイルとの違いも解説】

LINEMOとLINEモバイルって何が違うんだろう?

LINEMOの料金はいくらぐらい?安くて良さそうだったら使ってみたいなぁ。

このような疑問にお答えします。

は、ソフトバンクが運営するスマホサービスです。

2021年3月からサービスが始まったので、比較的新しいので、まだ周りに使っている人が少ないかもしれません。

記事内で詳しく解説しますが、LINEMOはLINEモバイルのデータを受け継いただもので、LINEのトークやLINE電話などのデータ消費量がカウントされないなどLINEとの相性がいいです。

2021年7月15日からは月額1,000円以下のミニプランも開始したので、より使いやすくなりました。

記事内では

  • LINEMOの料金
  • LINEMOのキャンペーン
  • LINEMOとLINEモバイルとの違い・同じところ
  • LINEMOの評判

について解説していきます。

LINEMOってどういうサービスかを知りたい人は記事を読めば、どういうサービスか分かると思います。

LINEモバイルは2021年3月31日以降は新規受付は終了しているので、現在は申し込むことはできませんが、LINEモバイルから乗り換えを考えている人は参考にしてください。

LINEMOはオンライン上での契約になるので、気になった方はから申し込みましょう。

今なら、PayPayボーナスあげちゃうキャンペーンも開催中のため、今契約する最大10,000円分お得ですよ。

目次

LINEMOの2つのプランの基本料金

LINEMOには「ミニプラン」と「スマホプラン」という2つのプランがあります。

もともとはスマホプランのみでしたが、2021年7月15日にミニプランの提供が開始されまたばかりです。

2つのプランの料金とデータ量の違いは以下のとおりです。

ミニプランスマホプラン
月額基本料990円(税込)2,728円(税込)
データ量3GB20GB
データ量超過後の通信速度300kbps1Mbps

どちらのプランにするかは、どれだけデータ通信量を使うかによって決めましょう。

3GBと20GBでは全然状況が違ってきます。

どちらのプランを契約しても、後にプランが変更できます。

ミニプラン

1カ月に使えるデータ量が3GBなのがミニプランです。

自宅や職場などにWi-Fiがあったり、ポケットWi-Fiを持っている人はミニプランで十分。

ただし、データ量を超過した場合、速度制限がかかり、ミニプランは300kbpsにまで落ちてしまうのと使いづらくなります。

通信速度が300kbpsだとかなり通信速度が遅いので、ウェブサイトやSNSを見る時に遅さを感じます。

ミニプランの人は3GBを超えないようにしましょう。

データ量が足りなくなった場合は、1GBを550円で購入することができます。

スマホプラン

20GBまで使えるスマホプランは、自宅にWi-Fiがなく、基本的にデータ通信を使わない人向けのプランです。

20GBあれば、ほとんどの人にとっては十分なデータ通信量です。

スマホプランの場合、速度制限がかかると、通信速度が1Mbpsになりますが、そこまでストレスを感じないと思います。

1Mbpsは早くはないですが、各SNSをストレスなく見ることができる速度です。

Youtubeだと、高画質720p(HD)と呼ばれる2.5Mbpsが必要とされているので高画質では楽しめませんが、中画質なら十分再生することができます。

PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン開催中

キャンペーン期間中に、新しい番号で契約するか、他社からの乗り換えで

  • スマホプランの場合だと10,000円分
  • ミニプランの場合だと3,000円分

のPayPayボーナスをゲットできます。

キャンペーンは2021年6月5日から開始され、キャンペーン終了日は未定となっています。

詳しくはをご確認ください。

ソフトバンクとワイモバイルからの乗り換えは対象外です。

LINEMOの電話料金

LINEMOの基本料金は上記の説明したので、続いて電話料金について解説します。

LINEMOの電話料金は、どちらのプランを選んでも同じ。

国内通話は30秒ごとに22円。
SMS送信1通3.3円なのは共通です。

よく電話する人は下記で紹介する定額オプションを利用しましょう。

通話オプション

LINEMOには電話をよくかける人向けに

  • 通話準定額
  • 通話定額

という2つの定額オプションがあります。

通話準定額プランは、5分以内の国内通話が無料。
5分を過ぎると、通常通り30秒につき22円課金されるというものです。

通話定額は、オプション料金を払えば、国内通話はいくらかけても全て無料になるというプランです。

プラン名月額料金5分以内の通話5分以上の通話
通話準定額500円
(税込550円)
無料22円 / 30秒
通話定額1,500円
(税込1,650円)
無料無料

通話オプション割引キャンペーン実施中

そして、現在「通話オプション割引キャンペーン」が実施中。

キャンペーンを利用すると、申し込みから1年間各オプション料金が500円割引され

  • 通話準定額が無料
  • 通話定額1,000円(税込1,100円)

となります。

キャンペーンは現在開催中ですが、終了日は未定となっています。

LINEMOとLINEモバイルの違い

今回紹介しているLINEMOとLINEモバイルは名前は似ていますが、違うサービスです。

簡単に比較すると以下のようになります。

LINEモバイル
LINEMO
  • LINEモバイル株式会社の運営
  • docomo、au、ソフトバンクから選択
  • 4G回線のみ
  • 500MB、3GB、6GB、12GBから選択
  • ソフトバンクの運営
  • ソフトバンク回線
  • 4G回線・5G回線
  • ミニプラン(3GB)、スマホプラン(20GB)

運営会社の違い

LINEモバイルはLINEモバイル会社が運営しています。

一方、LINEMOはLINEモバイル株式会社が2020年12月にソフトバンクに吸収合併されたため、運営会社はソフトバンクとなります。

ソフトバンクはYahoo!やPayPayとも同じグループなので、特別キャンペーンなどを利用できたりします。

また、ソフトバンクまとめて支払いもできるので、PayPayのチャージ金額を携帯料金と一緒に引き落とすこともできます。

回線の違い

LINEモバイルは、docomo、au、ソフトバンクの中から1つ選ぶことができました。

しかし、LINEMOはソフトバンク回線一択です。

これは、LINEMOを運営しているのがソフトバンクになったので当然ですね。

ソフトバンク回線しか選べないからといっても、日本国内なら安定して通信することができるので問題ありません。

また、ソフトバンク回線が使えるため、ミニプラン、スマホプランのどちらを選んでも、5G対応エリアのみを使うことができます。

5G対応エリア以外では4G回線となります。

プランの違い

LINEモバイルは

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

というデータ通信量に合わせて4つのプランがあります。

一方、LINEMOは記事冒頭でも紹介したように

  • 3GB使える「ミニプラン」
  • 20GB使える「スマホプラン」

の2種類です。

プランの選択肢はLINEMOの方が少ないですが、LINEモバイルになかった「20GB」という選択肢がありますね。

LINEMOとLINEモバイルで同じところ

LINEMOとLINEモバイルで同じところは

  1. LINEのデータ消費量はカウントされない
  2. 店舗対応がなく、オンライン対応のみ
  3. 本田翼がイメージ
  4. LINE年齢認証に対応している

という点です。

LINEのデータ消費量はカウントされない

LINEモバイルでもLINEMOでもLINEを使った

  • トーク
  • 音声電話
  • ビデオ通話

のデータ消費量は0です。

LINEモバイルでは「LINEデータフリー」、LINEMOでは「LINEギガフリー」という名称の違いはあります。

このため、LINEをよく使う人にはおすすめです。

他社のスマホだと、データ消費量がギリギリの状態でLINEを使う

ですが、LINEMOならいつでもLINEのデータ通信量のことは考えなくて済みます。

本来データ通信量を大量に消費してしまうLINEのビデオ通話も気兼ねなく使うことができるよ!

店舗対応がなく、オンライン対応のみ

LINEモバイルでもLINEMOでも店舗がありません。

そのため

  • 契約
  • プラン変更
  • 解約

は全てオンライン上で行います。

具体的には契約はから。
プランの変更や解約は、契約後に使えるマイページから行うことができます。

問い合わせに関しても、メール窓口はなく、チャットでの問い合わせが基本です。

緊急性の高い紛失などにより、回線を緊急停止する場合などに関しては電話で問い合わせることができます(通話料無料)。

本田翼がイメージ

LINEモバイルでもLINEMOでも、女優の本田翼がイメージガールです。

一緒なので、「全く同じサービスで名前が変わっただけなのかな」と勘違いする人も多いようです。

LINEMO

LINE年齢認証に対応している

LINEでは、LINEIDでの友達検索・追加などは年齢認証が済んでいる人のみしかできません。

ですが、LINEモバイルもLINEMOも年齢認証に対応しているので、問題なく年齢認証できます。

LINEMOを使っていれば、友達を追加する時に手段を考えなくて済みます。

LINEMOを使っている人の口コミ・評判

LINEMOを使っている人の口コミを紹介します。

やはり、LINEMOの料金は安いです。

LINEMOは基本料金の通信量以上にLINEを使えるので、実施もっと安いと考えられますね。

docomo、au、softbankで契約していた人は、いつもの携帯料金がグッと安くなるはずです。

通信制限がかかっても、速度も問題なさそうです。

さすがソフトバンク回線といったところですね。

LINEMOまとめ

ソフトバンクが運営しているを紹介しました。

自宅などにWi-Fiがあってデータ通信量をさほど使わないという人は「ミニプラン」。
データ通信をガンガン使うという人は「スマホプラン」を申し込みましょう。

そして今なら最大10,000円分のPayPayボーナスももらえるので、ぜひから申し込んでみてください。

おうち時間を楽しもう

\おうち時間を楽しもう/

あわせて読みたい
おうち時間を充実させる過ごし方10選【便利なサービスも紹介】 平日は忙しいけど、休日はやることなくて暇だなぁ。何したらいいかなー 外は暑いし、あんまり人がたくさんいる場所にわざわざ外出したくないけど、暇だなぁ。 現在は海...

雑誌・漫画読み放題

\雑誌・漫画読み放題/

あわせて読みたい
【初月無料】るるぶ読み放題サービス3選【電子書籍は旅行に最適】 旅行に行く際に、るるぶを無料で読めないかなぁ?数カ所旅行するとなるとその分必要だけど、何冊も買うとお金がかかる... 旅行中にるるぶを持ち歩きたいけど重い...でき...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアよろしくお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる