Booking.comのキャンセル料・キャンセル方法まとめ

Booking.comで宿泊予約したいけど、予定を変更したからキャンセルしたい。

キャンセル料がかかったりする?
キャンセルは簡単にできるのかな?

Booking.comで予約しようと思うけど、キャンセルになる可能性がある。

だから、予約する前にBooking.comのキャンセルについて知っておきたいなぁ。

このような疑問に対し、Booking.comのキャンセルについての情報をまとめて紹介します。

世界中のホテルを予約できるBooking.comなので、日本国内はもちろん、海外旅行の際にも利用する人が多い宿泊予約サイトの1つです。

現在はGo To トラベルキャンペーンにも対応しているので、国内旅行のホテル予約をお得にすることができます。

Booking.comのGo To トラベルキャンペーン

Booking.comのGo To トラベルキャンペーンの申請方法・地域共通クーポン取得方法【注意点も解説】

2020年10月29日

ただ、予約した後にキャンセルが必要になる場合もあるでしょう。

そこでこの記事では

  • キャンセル料が無料になる条件
  • キャンセルする方法
  • キャンセル料を支払う方法
  • キャンセルできないときの対処法

を解説していきます。

すぐにキャンセルが必要な人は、ぜひ記事を参考にしてキャンセル料が無料でできるのか確認してみてください。

また、これから予約する人も、Booking.comのキャンセルについてちゃんと理解していれば、「100%泊まるかどうか分からない」という場合も、安心して宿を予約することができますね。

そのような人も、この記事を読めば、Booking.comのキャンセル事情を知れるので、ぜひ参考にしてください。

【本日最終日】年内最後の大セールの第二弾「Amazzonサイバーマンデー」開催中

Amazonブラックフライデー情報・セール対象商品まとめ(外部リンク)

この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。1月〜9月までタイで過ごし、成田での自主隔離を終え、現在は香川に住んでいます。(詳しいプロフィールはこちら

Booking.comのキャンセル料が無料かどうかの確認方法

まずはじめに、自分がBooking.comでしている予約のキャンセル料が無料かどうかの確認方法を紹介します。

Booking.comでキャンセルする時に、キャンセル料が無料かどうかは

  1. キャンセルポリシーに「キャンセル無料」と書かれているか
  2. キャンセル時に、キャンセル無料期間内か

という2つの条件によって違ってきます。

「キャンセル無料」のプランで、キャンセル時にキャンセル無料期間内であれば、キャンセル料は無料。

反対に

  • キャンセル不可のプランを予約している場合
  • 無料キャンセル期間を過ぎている場合

は、宿泊施設が定めているキャンセル料を支払わなければいけません。

宿泊しない場合でも、宿泊金額の全額をキャンセル料として支払う必要があります。

それでは、どこを見れば、「自分の予約がキャンセルできるのかどうか」を分かるのか紹介していきますね。

キャンセルポリシーに「キャンセル無料」と書かれているか

Booking.comでキャンセル可能かどうか(検索結果)まず1つ目のポイントは、キャンセルポリシーに「キャンセル無料」と書かれているかどうかです。

キャンセル無料のホテルは、ホテルの検索結果に「キャンセルOK」と表記されています。

「キャンセルOK」の表記がない宿泊施設は、どの部屋のタイプを選んでも、キャンセル不可(キャンセル料がかかる)ということです。

Booking.comのキャンセルポリシー(ホテル詳細ページ)また、検索結果で「キャンセルOK」と書かれていても、「その宿泊施設の全ての部屋がキャンセル無料」というわけではありません。

部屋のタイプや宿泊プランによって「キャンセル無料でない」ものもあります。

部屋(プラン)ごとの「確認事項」という欄に「キャンセル無料」と書いているもののみ、キャンセル無料対応しているということです。

「キャンセル不可」の表記があるものは、キャンセルを無料でできないということなので気をつけてください。

キャンセル料がかかる部屋は宿泊料金が安かったりするから、安易に安いものを選ばないようにしよう!

現在キャンセル無料期間内か

Booking.comのキャンセル無料期間キャンセルポリシーに「キャンセル無料」と書かれていたとしても、キャンセル無料期間を超えると、キャンセル料がかかります。

キャンセル無料期間については

  • マイページの予約詳細
  • 予約確認メール

のどちらでも確認できます。

「○月○日23:59までキャンセル無料」と必ず表記されているのでチェックしましょう。

キャンセル無料期間は、宿泊日前日の23:59までのところが多いよ!

Booking.comのキャンセル方法

宿泊予約をキャンセルする場合の具体的な方法を解説していきます。

人によってキャンセルに使う機器は違うと思うので

  • ウェブブラウザ(PC)
  • Booking.comアプリ(スマホ・タブレット)

の2つを使ったキャンセル方法をそれぞれ紹介します。

ウェブブラウザからのキャンセル方法

Booking.comのキャンセル(マイページへ)ウェブブラウザからキャンセル手続きをする場合、まずはBooking.comのサイト
にアクセスして、ログインします。

右上に自分の設定しているアイコンが表示されているのでクリックし、メニューの中の「予約」を押します。

Booking.comのキャンセル(予約一覧へ)自分が現在予約しているものが一覧で表示されるので、キャンセルしたい予約を選択しましょう。

Booking.comのキャンセル(予約画面詳細)予約の詳細が表示されるので、

  • 上部にある「キャンセルをリクエストする」
  • 下部にある「予約をキャンセル」

のどちらかのボタンをクリック。

Booking.comのキャンセル(キャンセル理由の選択)クリックすると、予約のキャンセルの理由の質問が表示されるので、該当するものを1つ選択。

最後に「はい(キャンセルする)」をクリックします。

Booking.comのキャンセル(キャンセル完了)「この予約はキャンセルされました」と表示されれば、キャンセルが完了です。

Booking.comのキャンセル(キャンセル完了後のホテル一覧)キャンセルが完了すると、Booking.comからキャンセル確認メールが届きます。

Booking.comアプリのキャンセル方法

Booking.comのキャンセル(スマホ・予約管理画面へ)Booking.comのアプリの場合、まずは常に画面下に表示されている「予約」というボタンをタップして、自分の予約管理画面を開きます。

つづいて、「チェックイン時間」と「チェックアウト時間」が書かれている下にある「予約を管理する」をタップ。

Booking.comのキャンセル(スマホ・キャンセルを選択)「キャンセル手続きへ」という赤色のボタンをタップします。

Booking.comのキャンセル(スマホ・完全にキャンセル)「予約を完全にキャンセルする」をタップ。

Booking.comのキャンセル(スマホ・キャンセル理由を選択)キャンセル理由の選択画面が表示されるので、理由を1つ選び、「予約をキャンセル」をタップしましょう。

キャンセル理由を選ばないとキャンセルできません。

Booking.comのキャンセル(スマホ・キャンセル完了)「予約をキャンセル済み」と表示されれば、キャンセル完了です。

キャンセル完了後に登録しているメードアドレス宛にメールが届きます。

予約確認メールからも簡単にアクセスできる

予約してすぐに届く件名が「○○(宿泊施設名)の予約が確定しました!」というメールにある

  • 「予約内容の変更・キャンセル」ボタン
  • 「予約をキャンセルする」ボタン

を押すことでショートカットもできます。

キャンセルが完了すると、クレジットカードで前払いをしていた人は、後日クレジットカードに返金されます。

宿泊日の変更だけならキャンセルではなく日程変更でも可能

Booking.comの日程変更(PC)「Booking.comで予約した日は泊まれなくなった」けど、「宿泊したホテルにに別の日であれば泊まることができる」という場合は、キャンセルではなく「日程変更」をしましょう。

日程変更であれば、変更後の日程に空き部屋があれば、手数料なしで変更することができます。

変更後の宿泊料金が、変更前の宿泊料金より高い場合は差額を払う必要があります。

PCからだと、予約詳細画面の上部にある「日程の変更手続きを行う」ボタンを。

Booking.comの日程変更(スマホ)スマホからだと同じく、「日程を変更」ボタンを押す。

Booking.comの日程変更(スマホ・日程検索)変更したい日付を検索できるようになります。

Booking.comのキャンセル料の支払い方法

Booking.comでキャンセル料を支払う必要がある時は、キャンセル料はどうやって支払うのかを説明します。

すでにクレジットカードで前払いをしている人は、キャンセル料を支払う必要なく、支払ったお金が返金されないだけです。

宿泊費の全額払っていない人は、キャンセルに必要な額をさらに引き落とされます。

まだ宿泊料金を支払っていない人でも

  • 予約時に、クレジットカード情報を入力した人
  • Booking.comにクレジットカードを登録している人

は、後日登録したクレジットカードからキャンセル料が引き落とされます。

つまり、Booking.comにクレジットカードの情報を提供している人は、自動的にキャンセル料が引き落とされるので、支払い作業などは全く必要ないってこと!

Booking.comのキャンセル料は絶対に支払おう

あまりないですが、

  • Booking.comにクレジットカード情報の情報を何も提供していない人
  • 登録しているクレジットカードから何らかの理由で引き落としができなかた人

は、予約時に登録した住所に請求書が届き、銀行振込をしないといけないようです。

キャンセル手続きをせず、無断でキャンセルした場合も、宿泊金額全額が後日登録したクレジットカードから引き落とされます。

キャンセル料を払わないと、Booking.comはもちろん、宿泊予定だったホテルにもあなたの情報が残ります。

そして、国内だとホテル同士でそのような情報は共有されているので、今後あなたやあなたの家族がホテルを予約するときに問題が起きる場合があるので、キャンセル料は絶対に支払うようにしましょう。

Booking.comがどこまで本気でキャンセル料の支払いを迫ってくるか分からないけど、本気になればIPアドレスをたどり、直接請求がくるかもしれません。

Booking.comでキャンセルできない場合はカスターマーサービスに連絡

Booking.comのカスタマーサービスへのリンクBooking.comで予約をキャンセルできない場合や、キャンセルしたい場合に何か問い合わせたいことがあるのであれば、Booking.comのカスタマーサービスへ問い合わせましょう。

カスタマーサービスだと、日本語で手続きができるので安心です。

Booking.comのカスタマーセンターは、Booking.comのサイト
の「カスタマーセンターへのお問い合わせ」というメニューからすることができます。

Booking.comのキャンセルまとめ

Booking.comでの宿泊にかかるキャンセル料やキャンセル方法について解説しました。

予約のキャンセルする人は、記事を参考にキャンセルしてみてください。

また、今後Booking.comで予約する時に、100%泊まるかどうか分からない場合は、キャンセルポリシーに「キャンセル料無料」の表記があるホテルやプランを予約するようにしましょう。

そして、キャンセルが必要になった時は、キャンセル無料期間内にキャンセルすればOKです。

これで安心してBooking.comでの予約ができると思います。

さらにBooking.comを使って、お得に宿泊するために、Booking.comカード
の発行がおすすめです。

Booking.comカードを使って宿泊予約をすれば、宿泊金額に応じて6%ものポイント還元があります。

発行元も三井住友カードなので信頼性も高いです。

Booking.comカードは、Booking.comの支払い以外にも普通の支払いにも使うことができますよ。

Booking.comカード
  • 永年無料
  • 海外旅行保険も自動付帯
  • Booking.comで宿泊予約すると6%ポイント還元
  • 【先着5万人限定】Genius会員にアップグレード
記事のタイトルとURLをコピーする