数時間の香港観光。ギネスにも載ってるシンフォニー・オブ・ライツを見てきた。

台湾からに香港に着き、これから26時間何をしようかと考えた。

最初は、空港でずっといる予定だったけど、とりあえずネットをして、香港に何があるか調べた。
次いつ香港へ来るか分からないので、とりあえず空港から出てみることにした。今回は、時間がないので、香港の市内で毎日行われるという「シンフォニー・オブ・ライツ」だけを見に行くことにした。

シンフォニー・オブ・ライツとは

シンフォニー・オブ・ライツとは、45のビルが音楽に合わせて、ライトアップしたり、レーザービームを出したりするライトショーのこと。
ギネスブックにも、「Largest Permanent Light and Sound Show」として載っている。

両替をして、結局空港を出たのが18時頃だった。

市内までの移動方法

空港から市街地までの一番効率のいい交通手段は、エアポートエクスプレスという電車だけど、僕にしてみれば値段が高いので、バスで行くことにした。
空港を出て、バス乗り場に行き、市内行きのバスA21のチケットを買う。
18:15発のバスに乗る。バスは2階建てバスで、荷物が1階に置けるようになっていた。椅子に高級感が漂う。

IMG_1396  IMG_1398

バスは、最初は海沿いを走っていく。左にはエアポートエクスプレスの線路があり、あっという間に抜かれてしまう。高速道路に入り、走るの位置が高くなったら、マンショのような高い建物ばかりが見えてくる。どれだけの人が住んでいるんだろうと思う。

IMG_1410  IMG_1412

そして、次第に都心部に。
ビルの間に道路があるという感じだった。
台湾と違ってクラクションの音を聞かなかったり、原付が走っているのを見なくて、国の違いを感じた。
香港はずっと都会で、ギラギラしてる。

シンフォニー・オブ・ライツは毎日20時から行われる。
余裕で会場に着くと思っていたのに、渋滞に巻き込まれたのか、全然動かなかった。
よく見れば都会のど真ん中なのに、二車線しかない。

IMG_1414

(バス停が表示されているので、安心)

間に合わないかもと思いながら、外を見ると、雨が降っているようだった。市内は観光客がたくさんいた。

シンフォニーライト上演開始

なんとか開始10分前に着いたが、土曜日とあってか、すでに観光客でいっぱいだった。
IMG_1416そして、20時になり、「シンフォニー・オブ・ライツ」が始まった。
音楽に合わせて、ビルのライトが光ったり、レーザービームが動いたりと華やかだった。

観光客は、写真や動画を撮りまくっていた。
ショーは15分ほどで終わった。
IMG_1428
IMG_1431

IMG_1484

帰りに

お腹がすいていたので、何か食べようと思い、ネットで調べた有名なデザートの店「許留山」に行った。
マンゴーと白玉の一緒になったものを食べた。おいしかった。
が、よくよく値段を考えてみると、すごく高かった。台湾から来てまだ通貨の計算に慣れていなかった。

IMG_1503帰りは、来た道の反対車線を歩き、A21が止まるバス停を発見。このバスが良くなくて、バスは猛スピードで走り、すごく運転が荒かった。
香港は、物価が高く、お金が1日いただけでもきつかった。

観光というよりは、ある程度お金を持った人がショッピングするような場所だと思う。
観光客も、年齢層が高い人が多かったように思えた。