帰国に向けて自主隔離ホテルと実家までの航空券を予約【Go To トラベルのお得さを実感】

前回の記事で、「タイから日本への帰国便を取った」と紹介しましたが、今回の記事では

  • 帰国後の自主隔離ホテル
  • 成田から実家への航空券

について、かかった費用などを紹介します。

世界一周の人の人を中心にブログは読んでいるのですが、自宅で自主隔離する人を除いて、

  • どういうホテルを取っているのか
  • いくらぐらい費用がかかったのか

を書いてる人がほぼいないですね。

面倒くさいから書いてないだけなのか、自主隔離せずに普通に活動しているのか分かりませんが、とりあえず情報が少ないです。

ということで、僕の場合はどうだったかを紹介します。
自主隔離を控えている人に参考になると幸いです。

この記事は2年半世界一周、1年間の留学、半年のワーホリ経験を持つ、海外旅行好きのアッキーが書いています。1月〜9月までタイで過ごし、成田での自主隔離を終え、現在は香川に住んでいます。(詳しいプロフィールはこちら

自主隔離ホテル15泊分の宿泊費

帰国後の自主隔離ホテルにかかった費用は15泊分で「42,185円」です。
1泊あたり2,812円となります!

帰国後の自主隔離にかかる費用は「平均7万〜10万円ほど」と言われていますが、約4万円に抑えることができました。

帰国後の自主隔離ホテルは、本当は14泊で大丈夫です。

1つのホテルにずっと滞在するのもいいですが、間違いなく飽きるのと、運動不足でストレスになりそうだったので、「成田空港近くで自主隔離できるホテル」の中から4つのホテルを予約しました。

予約したホテルは、基本的に近いので、いい運動になるかなと。

予約したホテルの内訳と金額は以下のとおりです。

宿泊日数宿泊金額クーポンによる割引合計額
ホテルA4泊18,520円6,482円12,038円
ホテルB2泊10,700円3,745円6,955円
ホテルC5泊18,880円6,933円11,947
ホテルD4泊17,800円6,555円11,245円
合計15泊65,900円23,715円42,185円

この安さに加え、地域共通クーポンももらえますし、宿泊金額に合わせて楽天ポイントもたくさん貯まったので、実際はもっとお得です!

Go Toトラベルキャンペーンとホテル別クーポンをうまく利用すべし

こんなに安くできたのは、なんと言ってもGo Toトラベルキャンペーンのおかげです!
35%オフの影響はものすごく大きいです。

Go To トラベルキャンペーンを利用できる予約サイトは

といろいろありますが、今回僕はすべて楽天トラベルを利用。

本来65,900円ですが、「Go To トラベルクーポン」と「ホテル別クーポン」の2つを利用し、23,715円分も安くなりました

楽天トラベルでの「ホテル別クーポン」は、ホテルごとに安くなるクーポンで、数量限定・先着順で使うことができます。

僕は4つのホテルのうち、2つしか使うことができず、僕は2つ合わせても500円ぐらい引きでしたが、ホテルによっては1,000円以上割引されるクーポンもあります。

したがって、楽天トラベルで予約する時は、Go To トラベルクーポンだけでなく、ホテル別クーポンもチェックするようにしましょう。

自主隔離後の成田から実家の香川県までの航空券を予約

自主隔離後の実家のある香川県までの航空券も予約しました。

今回はバックパックがあるので、預け荷物20kgを追加して、6,880円。

「高速バスの方が安い」と思われがちですが、成田から香川県に移動する場合は、圧倒的にLCCの方が安いです。

「移動時間も長く」「密閉空間」である高速バスを利用するメリットはないですね。

上記で1泊余計に予約したと書きましたが、本来自主隔離が終わる10/7に、僕が乗ろうとしてた成田発高松行きは運行していません。

結果として、お金を無駄にせずに済みました!

日本に帰国する準備は整った

自主隔離にかかる宿泊費を紹介しました。
15泊で42,185円はかなり安く抑えられたと思います。

といっても、僕が現在宿泊しているバンコクの宿は1カ月17,000円なので、かなり痛い出費です。
仕方ないですが。

自主隔離については、帰国後に自主隔離の記事に追記したり、新しく記事にしていきます。
自主隔離の予定がある人は、ぜひこのブログを参考にしてみてください。

タイの記事も帰国後にアップしていきます。

日本帰国後の自主隔離に関することまとめ【要チェック】

2020年8月18日

【帰国者向け】自主隔離ホテルを選ぶポイントとお得な予約方法

2020年8月10日

記事のタイトルとURLをコピーする
ブログ記事やSNSで紹介していただけるとありがたいです。