メルボルンのオススメ観光地「オシャレ小屋」、「遊園地」、「ペンギン見学」を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

メルボルンにはたくさんの観光地があります。

今回はメルボルン郊外にある3つのオススメ観光地を紹介します。

スポンサーリンク

3つの観光地

今回紹介するのは3つの観光地です。

まずオシャレな小屋がたくさん並んでいるビーチは「ブライトンビーチ」という名前です。
次に行くのは、「ルナパーク」という遊園地です。
そして、ペンギンが見れる場所は「セントキルダビーチ」という場所です。

では、それぞれの場所と行き方について説明していきます。

オシャレな小屋が並ぶ「ブライトンビーチ」


メルボルン市内から約12km離れたビーチにあります。
ビーチの上に様々な絵柄の小屋が並んでいます。その数はなんと90以上!

現地の人も、観光客も多く人気のビーチです。

オーストラリア国旗の絵柄の小屋が1番人気で、写真撮影を待つ人で行列ができていました。

小屋を見るのももちろんですが、ビーチなので海水浴を楽しむこともできます。

メルボルン市内からブライトンビーチへの行き方

ビーチ沿いからメルボルン市内の高層ビルが見える

メルボルン市内からブライトンビーチに行く方法は2つあります。
一つ目は、メトロに乗っていく方法。2つ目はトラムを利用する方法です。

僕はメトロに乗っていくことをオススメします。
なぜならトラムを利用すると最寄りの駅で降りてから30分以上歩かなければいけないからです。

メルボルンからメトロに乗っていく場合は、まずフリンダースストリート駅(Flinders Street Railway Station)に行きましょう。

メトロのSANDRINGHAM行きに乗ります。行き先は電光掲示板に表示されるので何番ホームに何時出発かを確認しましょう。
メルボルン郊外に行くので、マイキーの購入が必要です。
時間帯に寄って変わりますが、SANDRINGHAM行きのメトロは15分間隔であります。

約23分でブライトンビーチの最寄り駅「BRIGHON BEACH駅」に着きます。

そこから小屋がある場所までは1.4km離れています。普通に歩くと約15分くらいかかります。

道路沿いには高級そうな家が並んでいる

道路に沿って歩いて行くのが1番近いですが、途中までビーチ沿いを歩きながら行くこともできます。
ビーチ沿いを歩く時は海に対して右側に曲がってください。

地図

100年以上の歴史のある「ルナパーク」


ルナパークはメルボルン唯一の遊園地です。
このルナパークは1912年から運営されているので100年以上あるということになります。この100年間の間に戦争のために閉鎖されたこともありますが、現在では現地の人に人気の遊園地となっています。

入場料は無料ですが、アトラクションに乗るのは有料になります。

園内はそれほど広くなくコンパクトな遊園地です。

ルナパークの閉館時間


通常は週末のみの営業ですが、オーストラリアのスクールホリディ期間中は毎日営業しています。
僕が行った時は20時までの営業でしたが、シーズンによって変わるので、下の公式ページをチェックしてから行くようにしてください。

ブライトンビーチからルナパークへの行き方

ブライトンビーチからルナパークにはメトロに乗って行きます。
メトロの 駅から行きと反対側のホームに立ち市内に向かう電車に乗ります。

そして、11分で「ベラクラヴァ(Balaclava)駅」で着くので、下車します。
そこからルナパークまで歩いて1.7km、歩くと約20分間ぐらいかかります。
16番のトラムに乗れば9分で行くことが出来ます。

市内からルナパークに直接行く場合は、フリンダースストリート駅(Flinders Street Railway Station)からトラムの16番(Melbourne University to Kew via St Kilda Beach)に乗れば約30分間後に「ルナパーク(Luna Park)駅)に着きます。
乗り換え無しで行くことができます。

地図

ペンギンが見れる「セントキルダビーチ」


「St. Kilda pier」という長い桟橋を渡ると、ペンギンの保護区があります。

ペンギンは夕方から夜にかけてその場所に帰ってくるので、日中に行ってもほぼ見れないそうです。

ルナパークの近くにはたくさんレストランが並んでいるので、夕ご飯を食べることもできます。
僕は日が完全に沈んだ21時頃に向かいました。

たくさんのペンギンを見ることができました。

暗いのでフラッシュを使いたい人もいると思いますが、写真のフラッシュは絶対に使ってはいけないとルールで決まっています。なので写真を取るのが難しいです。たまに監視員の人が専用のライトでペンギンを照らしてくれるので、その光を利用しましょう。

また、ペンギンに触ってはいけません。監視員の人が「ペンギンから2m以上離れてください」と何度も注意していました。
ペンギンがこっちに向かって歩いてくることもありますが、この場合は僕らが後退りしなくてはいけません。
近くで写真を撮りたい気持ちはみんな同じですが、ペンギンのストレスにならないようにルールは守りましょう。

注射されるペンギン

メルボルン市内の夜景が綺麗に見える

地図

2016年12月現在、上記の地図のポイントが海の上になって陸から離れているように表示されていますが、ちゃんと橋がかかっており、歩いて行けるようになっているので安心してください。

セントキルダからメルボルン市内へ

ペンギンを見た後はメルボルン市内に帰りましょう。

一番楽な移動方法はトラムです。
近くにあるトラムの「The Esplanade駅」から16番に乗ると、30分弱でフリンダースストリート駅(Flinders Street Railway Station)に行くことができます。

おわりに

市内からは出ますが、それほど遠くない場所にあるのでとても行きやすい観光地だと思います。

ペンギンが出るのは日が暮れてからなので、昼以降に市内を出発することをお勧めします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。