世界一周の持ち物のポイントと僕のバックパックの中身まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

世界一周には何が必要なのか。

何も知らない人は気になると思います。

今回は、世界一周に持っていく荷物についてのポイントと僕が実際に旅に持っていった荷物を紹介します。

スポンサーリンク

荷物の基本

荷物は必要最低限

荷物は基本的に「必要最低限」が大前提です。
移動の多いバックパッカーは、荷物が少なければ少ないほどいいです。

荷物が多いと、たくさんのデメリットがあります。


実際に旅慣れている人ほど荷物は少ないです。

しかし、最初は自分にとって必要か必要じゃないか分からないのが普通です。(後で僕の持ち物の中身を書いているので。参考にしてみてください。)

最初は必要と思って持っていったもののが、だんだん必要ないと分かってきます。

その時点で人にあげるか、捨てましょう。
思い出のものだったり、自分が帰国して使いそうなものは日本に郵送するのも一つの手です。

消耗品は現地で調達

消耗品はわざわざ大量に購入して持っていく必要はありません。
たとえばシャンプーやボディソープなどです。

ただ、人によっては肌が弱かったりして消耗品であっても、どうしても自分にあったやつでないといけない人がいると思います。
そういう人は日本で購入して必要最低限だけの量を持っていきましょう。

また、1カ国目が日本より物価の安い東南アジアなどの場合、日本でしか買えないものだけ揃えて出国するということもできます。
現地では、Tシャツやサンダル、バックなども数百円で安く買えるので、着いてから持ち物を揃えるという方法です。

ただ日本は値段が高い分品質がしっかりとしています。
Tシャツなどの消耗品は安物でも大丈夫ですが、電子機器などは日本で揃えていきましょう

人によって必要なものはそれぞれ違う

荷物は少ないほどいいですが、例外もあります。

たとえ荷物になるものでも、自分にとって好きなものや必要な物は重たくても持っていくべきです

例えば、ギター。

ギターは重く、何の興味もない人が持ち運ぶとただの荷物ですが、「世界の路上でギターを弾きたい」「出会った人のためにギターを弾いて幸せにしたい」と想いがある人からすれば、ギターは重たいですが、絶対に持って行くべきです。

他にも絵が描きたい人は絵の具、習字をしたい人は筆と墨といった感じです。
折り紙を持っていく人は多いですね。

僕の場合だと一眼レフと三脚です。

写真が好きな僕には必要な持ち物ですが、特別写真にこだわらない人には三脚は必要ないですし、カメラも小さなデジカメやスマホでも間に合います。

僕が持っていた荷物

僕のバックパックの中身を書いていきます。
人それぞれバックパックの中身は違うので、一例と捉えてください。

電子機器

カメラ類

  • EOS kiss x7
  • 三脚
  • メモリーカード
  • バッテリー
  • カメラ掃除道具
  • カメラバッグ

服装

  • Tシャツ
  • 半ズボン
  • ジーンズ
  • 下着(上)
  • 下着(下)
  • 長袖
  • ヒートテック(上)
  • ヒートテック(下)
  • ダウンジャケット
  • ウィンドブレーカー
  • サンダル
  • 靴下
  • 帽子
  • サングラス
  • 腕時計

その他

  • バックパック
  • サブバッグ
  • 風邪薬
  • 高山病予防薬
  • シャンプー、ボディーソープ
  • シャンプー、ボディーソープを入れる容器
  • 綿棒
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • 紙の本
  • 虫除けスプレー
  • ムヒ
  • 耳栓
  • 洗濯ひも
  • ヘッドライト
  • 乾電池
  • 髭剃り
  • 爪切り
  • トイレットペーパー
  • ルービックキューブ
  • オカリナ
  • ノート

ぜひ持っていってほしいもの

  • 速乾タオル
  • 圧縮袋
  • 押すだけベープ
  • アイマスク
  • ポカリ・アクエリアスの粉末
  • シャンプーケース
  • サプリ

貴重品

  • パスポート
  • パスポートカバー
  • 財布
  • 国際キャッシュカード×2
  • クレジットカード
  • 保険証
  • アメリカドル
  • 国際免許証
  • 黄熱病の予防接種を受けた証明書
  • 証明写真
  • パスポートコピー
  • 航空券(出国時のみ)
  • ビザ(必要な国の場合のみ)
  • マネークリップ

防犯グッズ

  • マネーベルト
  • 南京錠×4
  • ワイヤーロック
  • 防水ケース

まとめ

持ち物は少なければ少ないほどいいです。ただし、電子機器などは品質の高い日本で揃えて出国しましょう。

また荷物になるものでも自分が好きなものは持っていきましょう。

今回は荷物の内容を羅列しただけですが、それぞれの荷物について次回から詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。