バングラデシュで気をつけること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

僕が実際にバングラデシュを訪れて、気をつけないといけないと思うことを説明していきます。

スポンサーリンク

服装

バングラデシュはイスラム教の人が多いです。
イスラム教の人たちにとって肌を露出した服装はよく思われません

バングラデシュは暑いですが、薄い長袖を羽織ったり、長ズボンをはくようにしましょう。

交通事故

バングラデシュの交通事情は悪いです。
特にダッカでの交通量はすさまじく、とても危ないです。バスや乗用車、CNGやリキシャまで様々なものが行き交っています。

信号はあまり整備されておらず、運転手たちの運転マナーも最悪です
とにかく自分が目的地に早く着くことばかり考えています。

バングラデシュでは乗り物が大きい程権力があるので、バスが一番優先され、歩行者はかなり下に見られています。
道路を渡るときは、車の動きに気をつけてください。ゆっくり動けば、車側もスピードを落としたり、当たらないようにしてくれます。

交通事故2          交通事故
ほぼ全てのバスの側面にはひっかき傷がある

リキシャやCNGでのぼったくり

リキシャぼったくり
バングラデシュでは、公共交通機関が全然発達していません。
そのため、観光客が遠い場所へ行くときには、移動に便利なリキシャやCNG(オートリキシャ)を使うことになります。

しかし、この移動手段を使う時、ほぼ間違いなくぼったくってきます
まれに現地人と同じ価格を提示する人もいますが。5タカ上乗せぐらいの軽いものから、適正価格の何倍もの値段を提示する人までいます。

バングラデシュ人の話によれば、リキシャやCNGを職業としている人は、基本的に教育水準が低く、所得も低いそうです。現地の人は騙せないので、数少ない観光客が来ると、「チャンスだ」と思い、ぼったくってくるそうです

また、目的地に着いた時点で、乗る時に言っていた時に言っていた価格以上を提示してくる人もいますが、無視して、最初の金額だけ払えば大丈夫です

レストランでのぼったくり

ぼったくりご飯
僕自身もバングラデシュで初めてレストランに行った時に被害にあいました。
油断していました。

バングラデシュのレストランにはメニューを置いてない店が結構あります。
値段を聞いても、現地の人の何倍もの値段をふっかけてくる店もあるので気をつけてください。
普通の現地の人が行くようなレストランで一品を頼めば、だいたい100〜200タカです

騙されないための対策

対策として、「事前に値段を聞いておく」、「バングラデシュ人に話しかけて、地元価格を知る」、「バングラデシュ人を味方につける」の3つがあります。

事前に値段を聞いておく

事前に交渉リキシャで移動した後や、料理を食べた後に値段をふっかけられても、こちらはすでに利用していたり、もう食べ終わっているので、かなり不利な立場になります。

なので、リキシャに乗る前、料理を食べる前にきちんと値段を聞いておきましょう
もし、値段をふっかけられても、値下げ交渉をしたり、他のリキシャや店を利用することができます。

現地の人に適正価格を聞く

現地の人に値段を聞くよバングラデシュ人は基本的に外国人観光客に優しいです。観光客の味方と思えばいいと思います。
「ここから◯◯までリキシャで行こうと思うんだけど、どれぐらいの値段かな?」と近くにいる人に聞けば、たいてい適正価格を教えてくれます。

年齢が上の人は英語が話せない人もいますが、若い人は、流暢に話せる人が多かったです。さらに時々、自分の代わりに値下げ交渉をしてくれます。

バングラデシュ人を味方につける

見方にリキシャなどに値段をふっかけられたら、少し大きな声を出したり、もめているような様子をしましょう。
これは、バングラデシュ人を一気に味方につける方法です。大声を絶対だす必要はないのですが、値段をふっかけられた時に、なにやらもめている雰囲気を出してください。

一気に人だかりができます。基本的にバングラデシュ人は、僕ら観光客に優しいので、「この人がこんな金額を提示してくるんだ」と伝えれば、「それは高すぎだと」と交渉してくれます。

最後に

以上が僕の思うバングラデシュで気をつけることです。
ぼったくりや交通事故に気をつけてバングラデシュを楽しんでください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。