ホーチミンにある「スイティエン公園」はカオスすぎるテーマパーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ベトナムと言えば何を思い浮かべますか?

フォー?
チェー?
ベトナム戦争?

今回はその中に入りうる、知る人ぞ知る巨大テーマパーク「スイティエン公園」を紹介します。

スポンサーリンク

スイティエン公園とは

スイティエン公園(Suoi Tien Amusement Park)とは、ベトナムのホーチミン郊外にあるテーマパークのことです。

世界的にも珍しい「仏教」がテーマになっているテーマパークです。
このスイティエン公園は日本人には知名度がありませんが、すごいテーマパークなんです。

「ベトナム国内で最大規模のテーマパーク」というだけでは終わりません。

なんとこのスイティエン公園は「世界の有名テーマパーク12選」というものにも選ばれたこともあります
その12選の中身は
1. Magic Kingdom Park at Walt Disney World(アメリカ)
2. Islands of Adventure (アメリカ)
3. Cedar Point (アメリカ)
4. Epcot(アメリカ)
5. Blackpool Pleasure Beach (イギリス)
6. Port Aventura (スペイン)
7. Europa Park (ドイツ)
8. Tivoli Gardens (デンマーク)
9. Tokyo Disneyland(日本)
10. Beijing Shijingshan Amusement Park(中国)
11. Ocean Park (香港)
12. Suoi Tien Cultural Amusement Park (ベトナム)

東京ディズニーランドや世界の有名なテーマパークと肩を並べています。
何を基準にこの12施設を選んだかは分かりませんが、世界の中でもすごいということです。


さらに、敷地の広さも世界規模です。
ここの敷地の面積は105ヘクタールもあります。
その広さは、東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積よりも広いです。
東京ドームでいうと、約22個分です。

ホーチミン市内からのバスを使った行き方

ベンタイン市場近くにあるバスターミナルから19番のバスに乗ります。
IMG_2407

バス停の場所

乗車した後に集金係のおじさんがお金を集めに来ます。
IMG_2408

お金を払いを、乗車券をもらってください。乗車料金は6000ドンです。
知らない場所にローカルバスで行くのは不安だと思いますが、特に難しくないです。

ただ周りは知らない人ばかりなので、貴重品の管理だけはきちんとしておきましょう。
IMG_2409

集金係の人に「スイティエンテーマパーク(Suoi Tien Theme Park)」と伝えておくと降りるときに教えてくれます。
声をかけなくても、ちゃんとスイティエン公園前に停まります。

IMG_2413降りるべきバス停

スイティエン公園が近づいてくるとでかいアトラクションがバスから見えますし、道路沿いにあるゲートに大きく「Suoi Tien Theme Park」と書かれているので見過ごすことはまずないと思います。
IMG_2412

万が一、見過ごしたり、寝過ごしたりしても、前のバス停から10分くらい走ると終点のバス乗り場があり、そこから19番のバスに乗れば、またパークに向けて行けます。

スイティエン公園の場所

入場料を払って場内へ

まずは、入場料を払います。

僕がスイティエン公園に行った時の入場料の値段は、大人が90,000ドン、子供が40,000ドンでした。

この大人料金と子供料金を分けるのは「身長」です。

背の大きな子供は小さくても大人料金になるようです。
IMG_2414

お金を払って入場カードをもらいます。IMG_2415

下の画像の穴が空いているところに入場ゲートがあり、先ほどのカードが回収されます。
それと同時に園内の地図をくれます。
IMG_2417

いざカオスの世界へ

入ってすぐにドーンと大きなモニュメントが出現します。
IMG_2421

このおっさん動きます。IMG_2422

よくわからない絵もあります。
IMG_2425

従業員は原付きを使って移動します。このテーマパークは広いですからね。原付使わないと移動できませんよね…

テーマパークではまず見られない光景だと思います。
IMG_2429
お金を加えた蛙。IMG_2432

水の量少ない!マーライオンもビックリ!
IMG_2434

何かを表しているけど、何か分からない。
IMG_2436

いろんなコラボ

これは!?まさか!
IMG_2440

ハリーポッターのIMG_2441

ホグワーツ魔法学校!!
中はお化け屋敷らしいです。
IMG_2442

のび太君!
IMG_2468

ドナルドダック!著作権とか大丈夫なんだろうか。
IMG_2469

平日は人がいなくてガラガラ

休日はホーチミンのファミリーが子供を連れて遊びに来るそうですが、僕が行ったのは平日だったので人がほとんどいませんでした。
IMG_2435

屋内にも同じく人がいませんでした。
IMG_2453

従業員はとても暇そうでした。

携帯電話をいじっている人が多かったです。IMG_2454

人がいなーい!

IMG_2458

これは面白そう。誰もやってないけど。IMG_2459

一組の親子のためだけに回っていました。IMG_2462

誰もいないドクターフィッシュのアトラクション。

角質を食べないドクターフィッシュはただの魚でしかありませんね。
IMG_2463

立派なアトラクションたち

「世界の有名テーマパーク12選」に選ばれるだけあって、アトラクションや建物などはとても立派に作られています。

大きい観覧車もあります。
IMG_2461

作りは立派なんだよなぁ。IMG_2467

かっこいい。IMG_2470

その手の形はなんですか?IMG_2471

どん!IMG_2475

何かめり込んでます。IMG_2476

こっちも。IMG_2477

ひえ〜
IMG_2480

「見てください。この花瓶!」
IMG_2481

指がオカマ。
IMG_2488

めっちゃでかい鳥。
IMG_2492

何か見えている。IMG_2495

この少年はいたるところにいた。IMG_2496 世界観!
IMG_2501

1番見たかった奇界遺産

僕はここのテーマパークを知ったきっかけとなった本があります。

それがこちら「奇界遺産」!

世界遺産ではなく、世界の中でも奇怪なものである「奇界遺産」を集めた写真集です。

そして、この本の表紙になっているのが、なんとこのスイティエン公園にあるものなんです

バスに乗ってここに近づいている時から見えていました。
IMG_2510

1番見たかったものを見にいざ、行かん!
IMG_2502

って、見えな〜い!
IMG_2503 どうしてもちゃんと見えない。

中はプールになっていて、

このテーマパークの象徴といえるどでかい顔の建造物を見るためには別料金を払わないと入れないみたいです。
IMG_2504

スイティエン公園からホーチミン市内へ戻る

スイティエン公園を楽しんだ後は、同じようにバスに乗って帰ることができます。
帰りのバスは降りたバス停から道路を挟んだ反対側にあるバス停に行きましょう。

僕は間違えて降りた場所に止まったバスに乗りこんでしまいました。
その結果、少し先にあるバスターミナルに行ってしまいました。
バスターミナルに着いた後にバスは完全停車しました。

「ベンタインマーケット」と言うと「オーベンタイン、ベンタイン」で通じる再び19番バスに乗って帰ることができました。

おわりに

平日の真昼間なのかほぼ人がいませんでしたが、休日はそれなりに賑わうそうです。

アトラクションも思った以上に充実しており、友達なんかとワイワイできそうです。
ただ一人だと…

僕はただ単に何もせずに写真だけ撮って楽しみました。

こんなへんてこなテーマパークは世界中でも珍しいですし、一回は実際に行ってみてください。

もしかしたら将来は有名になっているかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。