悪評高いクライストチャーチ国際空港での空港泊について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

クライストチャーチ国際空港。
この空港は空港は国向いていないということで有名な空港です。

本当にそうなのかを実際に2泊空港泊してみました。

スポンサーリンク

空港泊に向いていないクライストチャーチ空港


ニュージーランドの南島の移動の中心になるクライストチャーチにあるクライストチャーチ国際空港(Christchurch International Airport)。
ニュージーランド内でオークランド国際空港に続き、2番目に年間利用者数の多い空港です(約600万人)。

多くの人が利用するので空港泊もしやすいのかと思えば、そうではありません。

「THE GUIDE TO Sleeping in Airports」という名前の世界中の空港泊の評価をするサイトで、ワースト空港として選ばれたこともあるぐらい空港泊に向いていないということで有名なんです。

なぜ選ばれたかというと、「係員が起こしにくる」からです。

空港から1番安く市内へ移動できる市内バスは夜遅くに動いていません。
もちろんタクシーなどは動いていますが、少しでも交通費を浮かしたい人にとってはあまり使いたくないでしょう。

深夜便で到着した人、早朝便で出発する人は空港泊をしたいと思います。僕もそうでした。
では、実際に空港泊をしてみて分かったことを書いていきます。

クライストチャーチ空港では寝れるのか?


答えとしては「寝れます」。
しかし、床に横になって寝ていると起こされます。なので、絶対に椅子に座って寝なくてはいけません
長椅子自体も1席1席に肘掛けがついており、横になれないような造りになっています。
僕が空港泊した時にも、何人かが床に寝転がって寝ていましたが、定期的に来る空港職員に起こされていました。

そして、寝れるところは決まっています。
国内線ターミナルはクライストチャーチ発の最終便の発着が完了した後にシャッターが閉まり、完全に閉鎖されるので、行くことができなくなります。

寝れる場所は国際線到着ロビーです
ここは24時間開いています。

ロビーにはたくさんの長椅子があるので、座るところがないということはまずありません。

基本的にほとんどの人は、トイレ近くにある長椅子に座って携帯をいじっているか、寝ています。

エアポートシャトルが待機している近くの長椅子は座るところが金属製な上に、自動ドアが近くにあり、閉まったりするので非常に寝にくいので避けた方がいいでしょう。

飛行機のチケットの提示を求めてくる職員がいるという情報をネット上で見ましたが、見た限り誰もチェックされていませんでした。

横になって寝たい人にはラウンジを利用しよう


クライストチャーチ国際空港には夜遅く着いた便の人、早朝出発の便の人用に「Air Lounge」というラウンジがあります

利用できる時間は午後8:30から午前5:00までです。
利用料金は1人につき10ドルです。
家族料金もあり、1家族(大人2人と子供2人)につき30ドルなので、4人家族は少しお得になります。

場所は「Long White Cafe」というカフェの近くにある通路を左に曲がったところです。

僕は利用していないので詳細は分かりませんが、ちゃんと横になって寝れるということでした。

このラウンジの存在はあまり知られていないように思います。
僕が空港内を歩いていたところ、たまたま空港の職員に話しかけられ、教えられました。
わざわざ職員が全員に教えているわけではないので、ずっと座っている人は存在自体知らないと思います。

なんでこんなにも厳しいのか

今世界の中でもクライストチャーチ国際空港が空港泊に向いていないということはありませんでした。

それが、何年か前にどこかの国のバックパッカーがトイレで料理を作ったそうです。
それに対し、空港側は激怒し、今のようなあまり空港泊をさせないようなルールができたそうです。

本当迷惑な話です。

空港設備について

空港のWi-Fi環境

クライストチャーチ空港では、無料でWi-Fiを利用することができます。

接続方法は簡単で、まずWi-Fiをオンにし、「CIAL_Free_WiFi」という名前のWi-Fiを選択します。
接続画面が自動的に表示されるので、「Accept Terms & Conditions」をタップ、またはクリックすることでWi-Fiを使用することができます。

たまに接続が切れますが、また上記に書いたことを同じようにすれば使えるようになります。

充電環境


エアポートシャトルの待機所の近くに充電できる机があります。
ここの机には 人座れるようになっており、充電用のコンセントとUSBを挿せるところがあります。
寝るのには向いていない場所ですが、椅子と机とコンセントがあるので、調べ物などをするのには便利な場所だと思います。

おわりに

クライストチャーチ国際空港では、横になって寝ることはできませんが、空港泊はできるということを説明しました。

横になって寝たいという人はラウンジを利用するか、空港近くの宿に泊まるといいでしょう。

⇒クライストチャーチ国際空港近くの宿の検索はこちらから(Booking.com)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。