世界一周出発前にやっておくべき9つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「準備しておくこと。これが何よりの成功の秘訣である」byヘンリー・フォード

長旅に出るにあたり、旅をより良くするために、必要最低限の準備はしときましょう。

海外でできることもありますが、日本でやっといた方がいいものもあります。

日本から出る前に何をやるべきかを順番に説明します。

スポンサーリンク

①持ち物を準備する

274678fa64def8b05bae8b16627551a5_s持ち物は1週間前くらいにすべて揃うように準備しましょう。
ギリギリで準備すると、「あっ、あれが無い」なんてことになります。

1週間前だと、アマゾンで頼んでも間に合いますし、実際に店に行って買いにも行けます。
ネット上で持ち物を公開している人がたくさんいるので、いろんな旅人のブログを見てみましょう。

海外で盗難被害にあった後、海外旅行保険の適用を受けた際に購入金額が分かるように、購入したレシートは保存しときましょう。

②海外旅行保険に入る

8d669b879a1bc14e17dd02e9889c7575_s海外旅行保険に入るべきだと思います
違う国にいると、日本では考えられないことがたくさん起こる可能性があります。
天候や、食品による体調不良、盗難など。保険に入っていれば、ほぼカバーできます。
値段は高いですが、「安心」を買うという意味ではそれだけの価値はあります

世界一周する旅人の中で有名なのは「金子秀人損害生命保険事務所」です。
ここの契約をするときの旅行目的を入力するところに「世界一周」という選択肢があります。
クレジットカードに海外旅行保険が付帯しているものもあるので(期間は3ヵ月など短期間の場合が多い)、調べてみましょう

海外旅行保険に入るべきだという実話があります。
過去に世界一周をしていた有名な夫婦のブロガー「タビロック」さんは、南米で2人ともマラリアが原因でなくなりました。
理由はいろいろありますが、理由の一つに海外旅行保険の期限が切れても、あと少しで帰国だということで保険の延長をしなかったことが挙げられます
お金を節約するために、病院に行かずに、二人とも亡くなりました。亡くなった遺体などについてどうなったのかはわかりませんが、遺族が多額の金額が必要になったそうです。
2人のブログは削除されていますが、ネット上には情報が残っているので、詳しく知りたい方は検索してみてください。

自分がせいで、周りに迷惑をかけるのは避けるためにも、長期の場合は万が一の場合に備えるという意味で、絶対に海外旅行保険に加入しましょう。申請から保険証が届くまで時間がかかるので早めに準備しましょう

③予防接種の確認をする

d8a0693392bdf23198b92846d4881aaf_m自分が行く地域の予防接種を受けときましょう。予防接種で防げる感染症はあります。
感染症によっては、命に関わるものもあります。

特に「狂犬病」は発症するとほぼ100%命を落とす感染症です(参考記事「本当に怖い狂犬病という感染症」)。
予防接種の値段は安くはないですが、「安心」を買うといった意味では金額以上の価値はあります。

日本で打つとどうしても高くなるので、海外で予防接種をするという選択肢もあります。僕はタイのバンコクで予防接種を受けました。


④証明書の申請をする(ビザ、国際免許書)


b5ce9e13feb240bebdcbecfffe7e0211_sビザについては、行きたい国をある程度調べておいて、必要なものだけ申請しときましょう。

基本的には、日本でなくても、その国の大使館で申請することができますが、日本で取得しておいた方がいいビザもあります
例えば、インドビザだと、料金は日本で取得する方が安くすみます。
国によって、申請してからビザを受け取るまで時間がかかることがあるので前もって調べておきましょう(参照記事:「ビザ情報まとめ」)。

また、海外で車やバイクを運転する可能性が高い場合は、国際免許書を申請しましょう。
申請すると、その日のうちにもらえます。

⑤公的手続き(住民票を抜く)

97fb7392f67d416e9864de83d6ae0e4f_s住民票を抜くことで、「国民年金を払う義務の免除」と「住民税の免除」が受けられます
代わりに「国民保険」を受けれなくなりますが、海外旅行保険に入っていれば何の問題もありません。

⑥携帯電話を解約する


PAK85_garakebb20141025171133-thumb-1000xauto-17713短期間ならまだしも、長期間になるなら、携帯は解約しておいた方がいいでしょう。
携帯を契約しているままだと、国際電話ができますが高額です。

ネット環境があれば、ラインやSkypeで代用できます。
また、その携帯会社のメールアドレスを持っていれますが、パソコンのメールアドレスなら無料ですし、ラインがあれば問題ないです。


解約する前に、携帯電話のアドレスで登録しているサイトやアプリに注意しましょう。
携帯電話のアドレスで登録しているサイトはメールが届かなくなると、自動的に登録が解除されるものもあります。パソコンのアドレスなどに登録し直しましょう。

また、LINEを携帯電話の番号だけで登録している場合、LINEにログインできなくなるので、PINコードを設定したり、フェイスブックと連携の設定をしときましょう。

僕はスマホは解約して「iPod touch」を購入しました。


旅に便利なアプリも下の記事で紹介しているので、あらかじめダウンロードしておくことをオススメします。

⑦歯医者に行く

86a740b6768b6f77bf44a475cdd29f43_s海外に行く前には歯医者は絶対に行っておいた方がいいです。
海外での歯の治療は保険保証外である場合がほとんどで、お金がかかります。

日本の歯医者は日本語が通じますし、国民健康保険で医療費は一割負担で済みます。
仮に虫歯が無くても確認のために歯医者には行くべきです。

虫歯で歯が痛いという症状は、虫歯が結構進行している場合なので、歯が痛くなくても出発前に行っておきましょう
まだ初期段階の虫歯なら簡単な治療で治るかもしれませんし、何もなかったら無かったで安心できます。

一応、日本に住民票がある状態で、海外で歯の治療をしても、国民健康保険が適用されるそうですが、日本で治療するのと全く同じではありません。
医療費負担の割合が違いますし、海外で現地の治療証明書をもらったりしなければならず、めんどくさいそうです。

⑧国際キャッシュカードを作成する

edba01925f3675962388cccf6284d9af_s海外でお金をおろすためには、海外のATMを使わなくてはいけません。

すべての銀行のキャッシュカードが海外で使えるわけがなく、使えるカードは決まっています。
短期間の場合だと、現金で持って行動してもいいですが(あんまりオススメはしません)、長期の場合だと何十万円以上になるので危険というか無謀です。

有名な楽天デイビッドカード、新生銀行はどちらも無料でキャッシュカードを作れるので、作っておきましょう。

⑨いらないもの売るか人にあげる

c5eee3082362cb09552ce7123c064d64_s旅に出れば、長い間日本を離れることになります。
次に住む場所で使う道具以外は売っていいと思います。実際に、旅に持っていくもの以外は、なくても困らないモノがほとんどです。

服や本など、いい機会なのでもう使わないものは売って、旅資金を増やしましょう。
誰にも使われずにおいてあるよりも、誰かに使われた方がものにとってもいいことです。

また、ポイントカードのポイントを持っている場合は、使い切るか、人にあげましょう。
ポイントカードのポイントはだいたい1年すると失効します。

ポイントは使い切るか、家族や友達にカードをあげたりしましょう。
僕の場合は、ローソンで使えるポンタ、イオン系列で使えるワオンは家族にあげました。

その他にしておいた方がいいこと

計画を立てておく

事前に計画を立てておくことで、旅がより良いものになります。

運転免許の更新をしておく

免許の更新期間内に免許を更新しなければ、その免許は失効されます。
海外にいる間に更新期間を過ぎてしまうことがわかっていたら、事前に更新しておきましょう。

旅情報のサイトをブックマーク

事前の情報収集は大切です
。目的地の国に、以前に訪れている人のブログや情報サイトをブックマークしておきましょう。

カウチサーフィンの登録&プロフィールを詳しく。

旅の途中でカウチサーフィンを使う人は、事前に登録が必要です。
カウチサーフィンでは、滞在先側は、泊める人のプロフィールを見ます。
滞在先側からすると、どんな人が泊まるかは知っておきたいというのは当然です。
しっかりとプロフィールを書いておきましょう。

大切な情報を保存しておく

長期の旅だと盗難などの犯罪に遭う人もいます。
遭わないのが一番ですが、万が一被害に遭った時に被害を最小限にしたり、いろんな手続きをすばやくするために重要な情報をクラウドなどに保存しておきましょう。

まとめ

世界一周に出発する前には必要最低限の準備が必要です。
大変なものもありますが、楽しみながら準備しましょう。
ちゃんと準備することで、それだけ旅が充実するようになります。

もし、あなたがブログを書き始めたいと思っている人は出発前であっても、できるだけ早めに始めることをオススメします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。