カンボジアの絶景。世界遺産「プレアヴィヒア」に行ってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

アンコールワットよりも感動する人が多いと言われるプレアヴィヒア。

カンボジアから移動する直前の日にたまたま誘われ、最初は二人で一緒に行く人探し。
そして、出発前日には、11人集まり、プレアヴィヒアに行ってきました。

スポンサーリンク

プレアヴィヒアとは

2008年に世界遺産にされた寺院です。
作られたのは9世紀末と言われています。

寺院はゲームのダンジョンのような感じで趣があります。

が、さらにそれよりすごいのが、そこから見える景色です。
プレアヴィヒアは山の上にあり、そこからのカンボジアの絶景が見られます。

プレアヴィヒアまでの交通手段

プレアヴィヒアに行く手段は限られてます。

一番オードドックスなのは、宿が出している車をチャーターする方法。料金は、1台当たりの料金が決まっていて、それを参加した人数で割ることになります。
つまり、この方法は人数が集まれば集まるほど安くなり、人数が集まらなかった場合は高くつきます。

これは、「タイミング」に左右されます。「自分がプレアヴィヒアに行くことのできる日」に、「同じ日にプレアヴィヒアに行きたたいと思っている人」にどれだけ出会えるかです。

一番人が集まりやすいのは、ヤマトゲストハウスです。チャーターの値段も一番安いです(130ドル)。また、1階のレストランのところに参加者を募るボードがあるので、まずはチェックしてみることをオススメします。
CIQSJQjUkAEgcaI

人数関係なしにバスを乗り継いで行く方法もありますが、一人50ドルぐらいかかるそうです。

バスを乗り継いで行く方法もあるそうですが、不明確です。

プレアヴィヒアの場所

プレアヴィヒアまでの道のり

シェムリアップから120キロ近く離れているので、片道3~4時間近くかけ、プレアヴィヒア近くまで行きます。

そして、急な坂道を登るため、バンから、4駆に乗り換えます。この時に、車代として一人5ドルかかります。
また、この時にパスポートチェックがあります。

以前にカンボジアとタイとの国境付近の衝突があり、現在プレアヴィヒアには、タイ人が立ち入ることはできません。そのため、自分がタイ人ではないことを証明するために、パスポートが必要になりますので、忘れずに持っていきましょう

車は20分ほど急な坂道、でこぼこ道を通り、プレアヴィヒア敷地内の駐車場へ。

プレアヴィヒア到着

まずは、みんなで昼ごはんを食べることになりました。

どの店も、料理は3ドルと言ってきますが、同じグループの日本人が値切りまくり、全員1ドルで食べれることになりました。

料理を待っている間に、どこからか子供がテーブルへ。

そして、この子供、料理が運ばれてくるまで、何をするでもなく、テーブルから動きませんでした。
IMG_3362

そして、カメラを向けると、ピースサインなんかをしてくれるこの子供はみんなの人気者に。
IMG_3364

1ドルのフライドライス。うまかったが、3ドルは高い。
IMG_3367

そして、ご飯を食べ終わり、いよいよプレアヴィヒアに向かって歩き出しました。
少し歩けば、すぐに頂上かと思ってたけど、以外と遠かったです。
ところどころに兵士がいますが、みんなニコニコしています。
頂上へ向かう途中に壊れている寺院がありました。

プレアヴィヒアの入場料はもともと有料だったのですが、今現在無料になっています(2015年6月現在)。
またそのうち有料に戻るそうです。

IMG_3379

IMG_3385

IMG_3386

IMG_3387

道の途中で、自撮り棒を使っている坊さんを見つけました。時代を感じます。IMG_3372

緊迫感の伝わるトイレの案内板も発見。IMG_3368

そして、いよいよ頂上へ到着。

そこから見る景色は、聞いていた通り圧巻でした。

曇ってはいましたが、遠くまで緑が広がっているのが見えました。
IMG_3407

プレアヴィヒアにいた住民の人や兵士はみんな愛想が良く、「バイバイ」や「アジノモト」と言ってきました。
こういうカンボジア人のフレンドリーなところ好きです。

今回は、天気には恵まれませんでしたが、土砂降りになる前に、雨が降っている場所が移動している写真を撮ることができました。IMG_3413

そして、バンは次の目的地の「ベンメリヤ」へと向かいました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。