世界一周の持ち物(防犯グッズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

世界一周中は誰もが自分の荷物は自分で守らなければいけません。
そのために防犯対策は必須です。

僕自身、まだ一回も貴重品を盗まれていないのは、ちゃんと防犯グッズを使って防犯対策をしているからだと思います。

今回は、僕が世界一周に持っていった防犯グッズを紹介していきます。

スポンサーリンク

セキュリティベルト(マネーベルト)

セキュリティベルト(あるいはマネーベルト)とは、パスポートやお金を隠して持ち運ぶための道具です。

パスポートなどの貴重品をベルトの中に入れ、体に巻きつけ服の下に隠すことで、スリなどから貴重品がどこにあるか知られないようにします
腰に巻くタイプが1番多いですが、足に巻くタイプや首からさげるタイプなどもあります。

スリからすれば、服の中に手を入れて盗らないといけないので、モノを盗られる可能性を低くすることができます。

ただ、犯人側も「貴重品はセキュリティベルトに入れ、腰に巻いている人が多い」ということを知っていて、まれにセキュリティベルトごと盗られることもあるそうです。

セキュリティベルトを付けたからと言って100%安全ではありませんが、確実にスリから貴重品を守れる確率は高くなります。

最近では名前の通り、ベルトの中にお金を隠せるモノもあります。
パスポートを入れることはできませんが、お金を隠すことができるので、スリにお金を盗られる可能性は低くなります。

もしもの時のために、お金は財布とセキュリティベルトだけに入れるのでなく、複数に分散して持つようにしましょう

南京錠

ゲストハウスなどに泊まると一人に1つロッカーを使用することができるところが多いです。
しかし、中には鍵が付いていないものもあり、自分の鍵が必要な場合があります

世界中のほとんどのバックパッカーは南京錠を持っていることが一般的なので、わざわざ鍵を用意していないのです。
鍵を用意していないのは、ゲストハウス側の用意した鍵で貴重品を盗まれた場合、ゲストハウスの人が疑われることを避けるためという理由もあります。

そんな鍵のないロッカーしかないところで、自分で南京錠を持っていなければ、ロッカーがある意味がありません。
さらに鍵がついているロッカーでも、自分の南京錠を使い二重に施錠することで、さらに防犯効果が高まります。

また、ロッカーに使う以外にも、南京錠は役に立ちます。
自分のバッグのチャックに南京錠を付けることで他人にバッグを開けられないようにできます

ドミトリー部屋だと荷物は基本的誰でも触れる状態にあり、南京錠をしていなければ中身を盗まれる可能性がありますし、歩いている時も、知らないうちチャックを開けられ、モノを盗られることもあります。
その他、長距離移動時、寝ている間にバッグを開けられ、中身を盗まれる事件も頻発しています。

バッグのチャックに南京錠があれば、犯人たちは簡単にバッグを開けることができません。
もちろん、バッグをナイフで開けられたら終わりですが、ある程度の予防をすることができます。

南京錠は「暗証番号を合わせて開け閉めするダイヤルロックタイプ」と「鍵で開け閉めするタイプ」、「ワイヤーロックタイプ」があります。

ダイヤルロックタイプ

このタイプは自分で番号さえ覚えていればいつでも簡単に開け閉めできるので便利です。

しかし、デメリットとして時間さえあれば、1つずつ数字を変えていくことで誰でもあけることができます
そのため100%安全とは言えません。

ダイヤルロックタイプは3桁のものと4桁のものが一般的で、当たり前です開けられる確率は3桁のほうが高くなります。

鍵で開け閉めタイプ

鍵で開け閉めするタイプは、鍵がなければ開けることができないので、ダイヤルロックよりも防犯効果は高いと思います。
しかし、鍵をなくすと自分も開けることができなくなるので鍵の管理には注意が必要です

ただ、ドアのピッキングがあるように南京錠のピッキングをする人も稀にいるという話を聞いたことがあります。

ワイヤーロックタイプ

南京錠といえば錠のところが金属になっているのが普通ですが、ワイヤーになっているものもあります。
ワイヤーは細いですが、金属で作られているので丈夫です。

このワイヤータイプの南京錠のいいところは、ロッカーの穴やバッグのチャックの穴が小さかったりした時に、問題なく施錠できるところです。

また、穴同士の距離が遠かったりしても、ワイヤータイプのものだとある程度のものに対応できることができます。

ワイヤーロック

バックパッカーだと長距離移動や空港泊をすることが何度もあるものです。
そんな時に、ワイヤーロックを使ってバッグと固定された座席や柱などを繋いでおくことで、バッグそのものを持ち運ばれることを防ぐことができます。

インドの電車は寝ている間の盗難が多いです。
実際に僕もたくさんの被害者に会ったことがあります。
僕はインドで何度も電車移動しましたが、ちゃんとワイヤーロックを使って柱に固定していたので、盗難にあったことことはありません。

ワイヤー自体は細いですが、鉄でできているので、特別な道具を使わないかぎり切断されることはありません。

ワイヤーロック本体を買わなくてもワイヤーだけでも販売しています。
南京錠を余分に持っている人は、そちらを買えば安上がりになるだけでなく、荷物の体積も減らすことができます。

防水ケース

防水ケースは主にスマートフォンをスリなどの盗難から守るために使えます。

防水ケース本来の目的は、海などに行った時にスマートフォンを水から守ることです。
しかし、海外では防犯グッズとして使うことができます。

スマートフォンは海外で泥棒に狙われるものの1つです。
スマートフォンは高価で、売っても高く売れるからです。
特に日本人に人気のiPhoneは泥棒側にも人気です。

日本人は基本的に世界的に見て裕福な人が多いので、日本でポケットにスマートフォンを入れていてもスリに盗まれる可能性は低いですが、海外ではたくさんの人がスリの被害にあっています。
特にヨーロッパのイタリヤやスペインはスリのレベルが高いと言われており、気づかないうちに盗まれる人がたくさんいます。

この防水ケースは首にかけるタイプです。
スリ側からすれば、スマートフォンを盗むためには、服の中に手を忍び込ませチャックを開けるか、防水ケースごと盗らなければいけません。

よって、スリから盗まれる可能性が低くなります。

まとめ

今回紹介した防犯グッズを使用しても100%安全ではありません
ただ、ちゃんと対策することで、貴重品を盗まれる可能性は確実に低くなります。

世界一周中の貴重品の管理は完全に自己責任です
特にパスポートを盗まれると、いろいろな手続が必要になるため、ほぼ間違いなく旅に悪影響が出ます。

治安が悪い国だけでなく、治安がいいと言われている国でもしっかりとできるだけの防犯対策をして、旅を安心して楽しみましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。