世界一周中に節約していいお金・節約してはいけないお金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

世界一周はお金がかかるものです。

旅行中にその費用を浮かせるためにお金を節約しようと思うこともあるでしょう。

しかし、費用のなかでも「節約していいもの」と「節約してはいけないお金」があります。

スポンサーリンク

節約していいお金

移動費

写真 2015-10-03 15 41 45引用:「インドからネパールへの陸路入国について」

節約していいお金の1つとして「移動費」があります。

国から国へ移動する際は、「スカイスキャナー」などを使って格安航空券を手に入れることで、移動費を節約することができます。

航空券は出発が近くなればなるほど価格が高くなることが普通なので、できるだけ早めに購入しておくといいです。
スカイスキャナーを使えば、どの日が安いのかをグラフで見ることができるので、時間に余裕があるのなら、航空券が安い日に予定を合わせましょう。



今いる国と目的地の国が隣接しているなら危険じゃない限り「陸路入国」をお勧めします。
日本は島国なので陸路入国はありえませんが、ほとんどの国は他の国と接しているので、陸路入国は全然珍しくありません。

空路入国よりも移動に時間はかかりますが、お金を節約できますし、何よりいろんな景色を見たり、現地の人と触れ合ったりすることができます
社会人の短期旅行ではそんなことをする必要も時間もありませんが、世界一周者は積極的に陸路入国をした方がいい経験になるのは間違いないです。

僕も実際にアジア諸国はほとんど陸路入国しています。
特にミャンマーを出国し、タイに入国する旅はとても思い出に残るものになりました。


国単位の移動ではなく、街の中を移動するだけの場合、観光地やレストランなどの目的地までの距離が遠くないのなら、歩きましょう。

歩いて移動することで、車で移動するだけでは気づけないものをたくさん見れる可能性があります。
その場合、日が暮れていないということが条件になります。


どんな国でもタクシーは高いものです。
できるだけ公共交通機関を使うことで、お金を節約することができます。

僕はミャンマーに行った時に、タクシーを使えば800〜1000円ほどかかる移動を公共交通機関を使ったことによって10円(本来は30円)で移動することができました。


どんな国でも移動費を安くすることは、その国の人達の生活に近づくことにつながります。
移動費を節約することは、お金に関してメリットがあるだけでなく、現地の人の生活や車移動では見逃してしまう景色を見れるなどたくさんのメリットがあります。

興味のないものの観光費

a64b9d401c46fce378525894c31f0226_s有名な観光地だからといって、必ずしも行く必要は無いです。

観光地は基本的に現地の人向けでなく外国人観光客向けなので、一般的に食費などに比べて高いです。
観光地によっては現地料金と外国人料金に分かれているところもあります。

別に興味がないのなら観光地に行かずに美味しい料理を食べたりしましょう。

節約してはいけないお金

食費

IMG_0493「台湾で一番おいしいもの見つけた!トマト牛肉麺」

食費は1番節約してはいけないお金です。

1日に一食抜くぐらいはいいと思いますが、1日一食だけ食べる生活を続けることは絶対にしないようにしましょう。

また、安いジャンクフードやカップラーメン、お菓子などは価格が安いので、ついついそれらでお腹を膨らまそうとする人もいますが、そんなものばかりを食べることは健康的ではありません。

食事を抜いたり、栄養のないものばかりを食べるような不健康な食生活を続けていると、確実に思考に影響が出ます
脳に必要な栄養素が足りていないと、頭がきちんと働かないからです。

世界一周中には、たくさんの判断を迫られます。
その時に頭がきちんと働いていないと、その時に適切な判断ができなくなります。

またたくさんのトラブルが起きますが、ちゃんと食べてないと、乗り越える体力もないですし、ネガティブに考えてしまいます。

健康であることはお金よりも時間よりも大切なものです
お金よりも時間よりも大事な、取り返せないたったひとつのもの。 – ヒキコモリズム.COM
せっかく大切な時間を使って海外にいるのに、感受性が低くなり、何を見ても楽しめない頭になります。
これだと結果的に、お金を浪費していることになります。

逆に、美味しいものを食べるということは、それだけでも脳にとっていいことです。
特に今まで食べたことのないものを食べることは、脳にとっていい刺激にもなります。

海外にいる時は食費は節約しすぎずに、各地の料理を美味しく食べましょう。



ヨーロッパなどの物価の高い国ではたいていゲストハウスにキッチンが付いているので自炊することで節約することができます。

「体は資本」です。
健康な体があって初めて旅を楽しむことができるということを忘れないようにしましょう。

興味のある観光地

IMG_5032
どんなに値段が高くても、自分が「行きたい」、「見たい」と思う観光地には、たとえ料金は高くてもケチらずに行きましょう。

観光地はいろんなものがありますが、遺跡などの歴史的建造物は将来見れなく可能性があります。

見れなくなる要因となる1つとして「自然災害」が挙げられます。

2015年の4月に起こったネパール大地震でたくさんの歴史的建造物が壊れました。
建造物は一度壊れると二度と元通りになることはありません。
復元されることもありますが、たとえ前と全く同じ形に戻ったとしてもそれは違ったものです。

また「治安状況」も見れなくなる要因になりえます。
どんな国であっても治安が悪くなる可能性があります。
治安が悪くなることによって入国することが困難になることがあるのを忘れてはいけません。

今は渡航禁止になっているシリアも以前は入国することができました。
シリアだけでなく、これからはどこの国であっても治安が悪くなって入国できなくなる可能性はあります。
特にシリアと隣接しているヨルダンやトルコは治安がかなり不安視されています。

入国できないから見れなくなること以外に人為的に破壊される場合もあります。
シリアの「パルミラ遺跡」は2015年にISISLによって破壊されました。
パルミラの遺跡|シリア 文化遺産|世界遺産オンラインガイド
この建造物はとても歴史のあるもので、中東三大遺跡の1つです。
将来復元されるかもしれませんが、ISILがパルミラ遺跡の近くに地雷をたくさん埋め込んだそうなので、復元されるにも時間がかかるそうです。

その他にも、地球温暖化の影響でイタリアのベネチアは年々水位が上がっていますし、オーストラリアのグレートバリアリーフも珊瑚が死んでいっているのでそのうち見れなくなると言われています。

このように今は普通に現存しているものでも、いつ見れなくなるか分かりません
自分が興味のある観光地は見れるうちに見ときましょう。

海外旅行保険

bedfd42e9a0bc9c0815c01ae8f93f970_s
海外旅行保険はケチらずに加入しましょう。

保険料は基本的に高額です。
なのでできるだけケチろうとする人がいます。
まれに海外旅行保険に入ってない人に出会うことがありますが、絶対にやめておくべきです。

海外にいるときに海外旅行保険に入っていないと、いざというときに困ります。
もし怪我や病気で病院に行った時に高額のお金を払わなければいけません。
日本でいる時は社会保険や国民保険に入っているはずなので医療費は3割負担で済みますが、海外で海外旅行保険に入っていなければ10割負担です

実際に海外旅行保険が切れた後に更新せずに、病院に行くことをせず亡くなった世界一周をしていたカップルもいます。
もし、きちんと保険を延長していれば・・・と誰もが思うと思います。
世界を旅してブログ書いてた日本人夫婦【アフリカでマラリア感染して死亡】タビロック☆夫婦で世界一周しよ – NAVER まとめ
いつ何が起こるか分からない海外だからこそ、安心を買うという意味で海外旅行保険のお金はケチらないようにしましょう。

まとめ

節約していいお金は「移動費」と「興味のないものの観光費」、節約してはいけないお金は「食費」、「興味のあるものの観光費」、「海外旅行保険」。

お金が大事なのはみんな一緒ですが、節約してはいいお金と節約してはいけないお金をきちんと見極めることが大切です。

お金はまた稼げばいいだけですが、時間は取り戻すことができません。
貴重な世界一周中は無理な節約はやめて、楽しく世界を旅しましょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。