世界一周旅の計画の立て方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

世界一周を実行する場合、計画を立てておくことはとても役に立ちます。

どのように計画を立てればいいのか、僕の計画の立て方を交えて紹介します。

スポンサーリンク

計画の立て方

計画は「行く場所」「道筋」「滞在期間」「予算」の4つを決めます

今回は5つのステップに分けて説明します。

ポイントは大まかに決めることです

ステップ1:行きたい場所をピックアップする

14dbbe27fcbc4558466a474654675e59_s
まずは、自分が世界一周の中で行きたい街や世界遺産などをピックアップします
いろんな人のブログや本を読んだりして、決めていきます。

頭の中だけで終わらさずに、とりあえず、思いつくだけすべて書き出すことが大事です。

そして、書き出したものはスマホやパソコンの中に入れておきましょう

ステップ2:優先順位をつける

647bd4845c1fe01f966a538fedc8c9c2_s
すべて書き出した後は、それぞれに優先順位をつけていきます

行きたい場所の数は人によりますが、期間が決まっている人は全部行くことは時間的に無理な場合があるからです。

計画していた以上に他の国に滞在したり、帰る日が早まったりして旅の時間が減った時に、この優先順位を決めておくと、どこを削ればいいかを決めることができます。

なので、「絶対に行きたい場所」「行きたい場所」「行けたらいい場所」など行きたい度合いをそれぞれにつけ、どこに行くことを優先するかを決めます

この優先順位はあなただけしか決めることができません。

「自分がどれだけ行きたいか」というのは、そこに行った自分を想像して「どれだけワクワクするか」という目に見えない基準で決めていきます。

この作業のポイントはいかに行きたい場所を「削ることができるか」です。

どれだけ有名な街や観光地であっても自分がそれほど惹かれないのなら、優先順位を下げていいと思います

ステップ3:道筋を決める

4d66ce4efd01fb91c68c986fc0dbdf87_s
行きたい場所が決まれば、それぞれの場所を線でつなぎ、ある程度の道筋を決めます。

この時、「街単位」で決めると疲れるので、「国単位」で計画を立てます
どこから入国して出国するかは、一つ前の国で決めても大丈夫です。

空路で移動するところは航空券サイトの「スカイスキャナー」を使うことをおすすめします。

検索時に目的地を国に指定して検索すれば、どの空港を使えば安く行けるのかが分かりますし、日時を一ヵ月間で検索すると、その一ヵ月間の中で「いつが安いか」も分かります。

ただ、ビザに関しては前もって調べておきましょう

日本人はビザなし滞在ができる国が多いのは確かです。

ですが、ビザが絶対に必要な国もあります。

ビザが必要な国に行く場合は、「アライバルビザを取得できるかどうか」を確認しましょう。
アライバルビザが取得できない国は、「どこの国で取得できるか」「どのぐらいの期間が必要か」を調べておきましょう。

どの国にビザが必要かは「ビザマッパー(2016年3月時点でリニューアルのため閉鎖中)」を参考にしましょう。

ステップ4:ある程度地域や国ごとの滞在期間を決める

611bbaaf4949f2744c4e9118fd1e1a91_s
道筋が決まれば、大まかに滞在期間を決めます。
この時も「大まか」に計画を立てることが大切です。

最初は一つ一つの国の滞在期間を決めることより、地域ごとに滞在期間を決めることが大切です。
つまり、「タイに一ヶ月」「スペインに二週間」というのよりも、「東南アジアに二ヶ月」「ヨーロッパに三ヶ月」という大きいくくりの滞在期間で計画を立てます。

ただ、国によってはビザの関係で滞在期間が制限されていることもあるので、そこだけ注意しましょう。

ステップ5:ある程度の予算を決める

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_m
お金に余裕がある人はいいですが、資金が限られている人は、「どれぐらいの予算をどこで、いくらぐらい使えるか」ということをある程度決めておきます。

何も決めていないと、旅の途中に資金がなくなってしまうことが起きてしまう可能性があるからです

ただ、予算を決めることは難しいです。
行ったことない国だと一日にどれぐらいのお金が必要か分かりません。

ヨーロッパは物価が高いと言われていますが、ヨーロッパの中でも物価の安い国、高い国があります。

予算は、そこの国に行った人や住んでいるの情報が1番信頼できます。

ネット上には、国ごとの費用を書いているブログもあるので参考にしましょう。

 
ただ、古い情報だと、物価が上がっていることがあり得るので注意しましょう。
※このブログは途中でデータを記録していたiPhoneを紛失したため費用を公開していませんが、2016年3月以降のものは公表していく予定です。

また、円の価値の変動や国の情勢など、個人がどうしようもないことによっても使うお金は変わってきます。

なので、ここでも「アジアで◯万」「中東で◯万円」「ヨーロッパで◯万円」といったように、大まかに予算を決めておきましょう。

資金に全然余裕がない人は、旅の前や途中にワーキングホリデー制度を利用することも考えていいと思います。
ワーキングホリデー制度とは、30歳以下の日本人なら一定の条件を満たせば、協定を結んでいる国で就学・労働を許可されるビザのことです。

まとめ

計画は絶対に必要です。
ただ細かく立てる必要はないです。

今回紹介した方法で、計画を立て、あなたの旅が充実したものになることに繋がれば幸いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。